男の中の女(6) ◆Zsc8I5zA3U

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

945 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/10(火) 21:03:13.24 iFshTIWP0


「さて、久々にジジィのところへと顔を出すか・・」

病室を立ち去った俺は久々道場へと顔を出すことにした。言っておくが断じて日々の稽古は怠っていない。
むしろ毎日運動はしている。・・そんなこんだで俺は再び道場の門をたたいた。

「おい、ジジィ!!いつもどうりに稽古つけてくれ。」

「おお、来たか。稽古はつけるがちょっと面倒を見てくれんかな?お主、すでに免許皆伝者だから
それぐらいできるじゃろ?」

「何だよ、新参か?ったく・・」

俺はジジィの命令でその新参者とやらを鍛えることにした。俺は新参の顔を見てみるとなんと
ドクオと内藤であった。・・なんでこいつらがいるんだ?

「お前ら・・」

「いやぁ、最近からだが鈍ってな。」

「俺は一応、男になるためにきたお。」


意外な珍客だが
ま、ここに来たからにはたっぷりしごいてやりますか・・


947 名前: ◆Zsc8I5zA3U 投稿日:2006/10/10(火) 21:15:49.25 iFshTIWP0


「ま、ここに来た限りは生半可ではいかないからそのつもりなのだが・・」

「お、おう・・」

「緊張するお・・」

俺はかなりガチガチのこいつらをどう鍛えるか悩んでいた。とはいっても俺は人に教えることなど皆無であったため
意外にどうしようか悩んだ。そういえばジジィが新参用に用意してたもんがあったな。えっとたしか・・

俺は何かを思い出すと道場の物置をあさってみた。すると新参用の指導マニアルをみつけた。

「あ、あったあった。これだ、お前たちには2週間程度このメニューをこなしてもらう。まずはそれからだ。」

「え、えええマジかよ・・」

「こ、これはきついお。」

新参用の指導・・それは、まずスクワットを60回にそれから5キロのランニングをして
それから精神統一を2時間だな。まぁ、俺も入った頃はよくやらされたので懐かしいな。
    • まぁ、ほとんど完璧にこなしたが、俺の場合は元がよかったんだろうな。

「ま、頑張ってな。新参君。・・さて、俺はこいつらを除くこの道場のやつらと片っ端から組手でもするか。」


そういって俺は道場のやつらを集めていつもどうりの組み手をはじめた。



950 名前: ◆Zsc8I5zA3U 投稿日:2006/10/10(火) 21:28:37.57 iFshTIWP0

「ふぅ~・・後、90人ドンと来い!!」

俺は1人1人確実に倒していった。残りは90人・・実力は知り尽くしても俺は油断は
決してしなかった。

「いきますよ!!」

「とりゃぁぁぁ!!!」

向かってくる野郎どもを俺は片っ端から相手にした。


「23・・ハァハァ・・しかし、相良はすげぇな。並みの奴より強いぜ。」

「・・そうだおね。24」

俺は稽古のさなか、無駄口をたたいているドクオたちに渇を入れた。

「おいてめぇら!!無駄口たたいてる暇あったらちゃんとしろ!!途中飛ばしてたら
やり直しだからな!!・・・ハッ!!あと、60人だな。」


俺は渇入れている隙を着いたやつらを一蹴すると残りの数を数えていた。



953 名前: ◆Zsc8I5zA3U 投稿日:2006/10/10(火) 21:39:11.47 iFshTIWP0

数時間後・・ようやく俺はすべての奴らを倒した。

「ハァハァ・・これで全員だな。」

俺は荒く呼吸すると辺りを見回し、ようやくすべてが終わった。あたりはすべて野郎の屍で
一杯であった。まぁ、こいつらも十分な実戦に向けての鍛錬となっただろう。前にジジィから
合気道の大会に出てくれとせがまれたが俺は断固断った。

「見事じゃな。」

「ジジィ・・てめぇ今まで何してたんだ!!」

「いや、おぬしの成長振りを見ておった。日に日に成長していくな。どうじゃ、その才能を活かすために
この道場の看板も・・」

「・・悪いが俺はあくまで護身術程度だからな。ほかの奴に言ってくるれ。」

「そうか・・」

ま、ジジィには悪いが俺は女だから道場主にはむかんだろう。
そういえばドクオたちもそろそろランニングから帰ってくる頃だろ。俺は2人に教えるため
精神統一の準備をした。



955 名前: ◆Zsc8I5zA3U 投稿日:2006/10/10(火) 21:46:58.94 iFshTIWP0

お、噂をすれば何とやらだな。内藤たちが戻ってきた。

「おめぇら、ちゃんと走っただろうな?」

「ハァハァ・・ちゃんと帰ってきたぞ。」

「ハァハァ・・つ、疲れたお。」

まぁ、この表情を見るとちゃんと走ってきたみたいだな。俺は感心すると2人に精神統一の
仕方を教えた。

「いいか、精神統一は雑念を振り払う・・現代風に言えばイメージトレーニングだ。余計なことを考えずに冷静に
なりきることが大切だ。」

「わかった。」

「わかったお。」

俺は姿勢やら仕方を教えると、俺自身も精神統一をすることにした。最近、いろいろなことがありすぎたから
気持ちを落ち着かせたい。・・それにあいつに対する気持ちや今の自分自身についても自問自答することにした。


道場内ではさっきとはうって変わって、静けさがこの場を支配した。



963 名前: ◆Zsc8I5zA3U 投稿日:2006/10/10(火) 21:57:57.07 iFshTIWP0


(女になってから、今までの世界観や人の見方も変わっていった。・・俺はいったいどっちなんだろ?


      男か・・

            女か・・



          俺ノ心ハイッタイドッチニ染マッテイッタノダロウ・・)


入り混じる気持ちの中であいつに対する気持ちも整理してみた。今まではライバル意識や執念、決着などに
支配されていた。事実、女になる以前は機会があればあいつの首を引っこ抜いてやろうとも思った。
互いに殴り殴り合い・・拳という拳で俺はたちはぶつかり合えた。
力を振るうことで俺は存在意義を確立していた。

だが、女になってから俺の中が一変した。このまま一生孤独一線と思った俺は気がつけば友達ができている。
バカし合って俺は笑っていた。そして、あいつとの再会・・正直わからなかったが俺はあいつを“異性”として
みていたのかも知れない。初めてあいつに助けられたとき・・どうしようもない気持ちだった。
そして・・抱きつかれたあの時、俺は正直何もできなかった。ただ・・あいつに身を任せていた。


空気が流れる中、夜になるまで俺の精神統一は続いた。



969 名前: ◆Zsc8I5zA3U 投稿日:2006/10/10(火) 22:11:18.22 iFshTIWP0

夜になり、道場を出た俺は内藤とドクオと帰り道をともにした。

「毎日あれするのか・・大変だぜ。」

「俺・・ツンを守ってみせるお。」

「お前らな、ちゃんと続けられるか?・・そういえば内藤はそれが目的だったのか。」

そういえばドクオはともかく内藤がこの道場へ来た目的がいまいちつかめなかったが、そういうことだったのか。
    • そういえば、内藤は付き合っているみたいだな。

「内藤、お前ツンと付き合ってたのか?」

「そうだお。」

「こいつらは互いの相性がいいんだよ。長年友人をやっている俺が保障するぜ。」

そういえば・・こいつらは俺よりも長い付き合いなんだよな。確か小学時代からって言ってたな。
    • 絆って深ければ深いほどいろんなんがわかるんだよな。

「そういえば小学生の頃、ブーンがツンの勝手にケーキ食べてお前必死に謝ってたよなwwww」

「昔のこと言うなおwww」


俺はなんでか妙にはしゃいでるドクオたちが羨ましかった。
男のときはそんなことちっとも思い浮かばなかったのに・・女になってみるとなんだか羨ましく感じた。



976 名前: ◆Zsc8I5zA3U 投稿日:2006/10/10(火) 22:24:58.39 iFshTIWP0


自宅に帰り俺はベッドに横になっていた。俺はさっきの精神統一のことと思い浮かべていた。

「はぁ、結局あいつのことはわからずじまいか・・自分の中のあいつが見えてこなかった。
 俺は・・俺自身あいつの事をどう見てどう想ってるんだろう・・」

結局、精神統一の中でも答えというか・・その“何か”は見つからなかった。

(俺は、俺はあいつの何を想って何を求めてるんだ・・)

自問自答しても答えなど見つかるはずもなく俺はこの現実から・・想いから逃れるために
睡魔へと飛び込んだ。




995 名前: ◆Zsc8I5zA3U 投稿日:2006/10/10(火) 22:43:01.98 iFshTIWP0

あれから数週間後、ドクオたちもトレーニングに慣れ。順々に力を伸ばしていった。
俺も更なる磨きをかけて実力の向上に望んでいった。あれから、俺にちょっかいを出す
おじさんたちもいなく、毎日平和に過ごしていた。
あいつは入院生活まっしぐらだ。どうもきつくやられたらしいな。
まぁ、日ごろの行いが悪いせいだなwwwww


「ふぅ~、今日も平和だ。」

「ほんとね。」

とある教室のひと時、俺は実に平和な日々を送っていた。誰からも絡まれることもなく、安心した
帰宅スタイルとすごしていた。なお、ドクオたちがいないのは道場での訓練のためである。今頃は走っている頃だな。

「んじゃ、平和ならあランジェリー売り場へ行きましょ。あんた、また胸が大きくなったっていってたじゃない。
私もそろそろ今のが小さいし・・」

「嫌だ嫌だ!!絶対嫌だ!!!なんであんなところへ行かねばならんのだ!!
ツン、金渡すから俺の分まで買ってくれ!!」

「はいはい・行くわよ。こういうところは男なのよね・・」

ランジェリーショップ・・それは男にとっては難敵の場所であって難攻不落の城。当然元男の俺はそういったところは全くの苦手で
行きたくもなかった。しかし、最近ツンからもらったブラがきつくなっているのは事実で俺は行かざるを得なかった。


しかし、俺はこのとき気づくべきであった。
あの時感じた・・嫌な予感を


206 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/11(水) 18:44:07.56 C9QPMMM+0

ランジェリーショップの前では女同士の奇妙な光景が繰り広げられていた。

「嫌だ!!俺は絶対に行かんぞ!!」

「はぁ~・・ほら、とっとと来なさい!」

嫌がる俺をツンは無理矢理入店させた。ランジェリーショップの中は文字どうりランジェリーで
一杯であった。

「ま、気を取り直してみてみなさいよ。結構いいものもあるわよ。」

「そうだけどよ・・どうも好きになれんな。」

「何いってるのよ。女体化したあんたはもうすでに女なんだから慣れないといけないわよ。」


ま、結局俺はツンの手伝いもあってか、3サイズを測りランジェリーショップで下着という下着を買った。
これから先、ここにも用ができるので慣れなきゃいけないのだが・・どうもしっくりこなかった。



208 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/11(水) 18:54:15.22 C9QPMMM+0

下着を買った帰り、俺たちは近くのハンバーガーショップでツンとさっきの話を
していた。しかし、女2人・・男の視線が思うように感じられた。

「しかしあんた、相変わらずスタイルいいわね。88・59・74なんて早々いないわよ。」

「お、大きい声で言うな!!!・・お前こそ並以上じゃないか。」

先ほどの3サイズは俺のものだ。しかしながらツンもスレンダーながらスタイルは良く、まぁまぁ巨乳だ。
そういえば、ツンは内藤が道場に通っているのを知っているのだろうか?
まぁ、内藤もこいつのために通っているわけだし秘密にしておいてやるか。


そして俺たちハンバーガを食べ終わった後・・歯車はゆっくりと回り始めていた。



210 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/11(水) 19:06:16.06 C9QPMMM+0


(・・またか、どうやら俺ではなく仲間を狙っての犯行か)

俺はツンと帰っていると背後から人気を感じた。しかも、2人・・
こちらにはツンがいるので表立った動きはできないし離れるわけにもいかない。
俺はじわりじわりと迫ってくる人影をひしひしと感じていた。

「どうしたの?・・さっきから黙り込んで。」

「ツン・・俺から離れるな。・・でて来い!!」

「えっ!ちょっと何?」

俺が声を放つと俺の背後から2人に人が出てきた。しかも武装を施していて俺を狙う気満々だった。
俺はツンを庇うように構えると男2人は俺に迫ってきた。



211 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/11(水) 19:06:54.97 C9QPMMM+0


「いくぞ!」

「悪いが、命令でね!!そっちのお嬢さんをもらうぞ!!」

「ざけんなぁ!!!!!!」

俺は2人の棒切れをかわし、2人の鳩尾あたりに思いっきりパンチを放った・・が、全くといって
手ごたえがなかった。あいつら・・腹の中にプロテクターみたいなのを仕込んでいるな。
案の定、男2人は自慢するようにプロテクターを俺に見せ付けた。

「フフフ・・残念だったな。」

「おとなしくして貰うか・・」


ヘッ!!笑っていられるのも今のうちだぜ!!!・・俺はすでに対抗策を生み出していた。



213 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/11(水) 19:15:59.25 C9QPMMM+0

俺は構えなおすと・・今度は蹴りの攻撃に変更した。俺は男たちの攻撃をかわしながら今度は
脚を集中的に狙った。

「イテッ!!」

「こいつ・・」

案の定・・足にはなんら装備していなかった。これを好機と見た俺は集中的に
2人の足やひざなどを集中的に狙い、ついに立てなくなるまで攻撃をした。
立てなくなった奴らはなぜかにんまりしていた。

「てめぇらの負けだ。・・とっとと消えろ。」

「それはどうかな?」

「今頃もう1人のお嬢さんはどうしているかな・・」

しまった!!こいつらの目的は俺とツンを引き離すことだったんだ。勝負に熱くなりすぎて忘れていたぜ!!
俺は慌てて元の場所へと戻ろうとしたが時すでに遅く、ツンはいなく変わりに書置きが置いてあった。

廃棄予定の第3工場へこられたし・・何人連れてこようがかまわないが
人質がいることをお忘れなく・・

「ちくっしょう!!!!!完全に裏をかかれたか!!!」


俺は書置きを握りながらツンの安否を願った。


120 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 16:08:21.78 PJgYIV/g0

結局俺は浮かない顔つきのまま道場へと足を運んだ。道場へ帰るとすでに内藤たちが
走り終えたところであった。

「お、来たか。終わったぜ・・どうしたんだ?」

「ああ、実はな・・」

俺は結局、ツンが誘拐されたことを話してしまった。まぁ、隠し事が苦手な俺としては
気が少しは晴れてきたが自分への怒りがあった。


あいつらだけは許さねぇ・・なんせこの俺を出し抜いたからな!!!



121 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 16:09:36.38 PJgYIV/g0


「すまんな・・ツンは必ず取り返す。」

「何言ってるお!!自分の彼女は自分で助けるお。・・俺たちも行くお。
友達1人だけ行かせんお!!」

「内藤・・」

「それに俺たちもお前ほどじゃないが何とかなるかもしれないぜ。」

こいつら・・うれしいこといってくれるじゃねぇか。それに内藤は最初の頃に感じたオドオド感が
すっかりなくなってるぜ。それに・・友達か満更でもない響きだぜ。

    • 昔の俺だったらあり得ないことだな。

「よし、お前ら練習が終わったら俺んち来てくれ。・・作戦を練り直す。」

「わかったお。」

「ああ・・」


俺たちはお姫様奪回のため俺んちで作戦を立てることにした。


123 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 16:16:43.62 PJgYIV/g0

「えっと・・確かここにあったな。」

俺はドクオたちを家に誘うと早速、作戦会議が始まるところなのだが、俺は物置でとあるものを
探していた。

「お、あったあった。これ使うのも久々だな・・」

「お、おい・・それって木刀か」

俺が見つけたもの・・それは木刀だ。男の頃は大人数での喧嘩の時にはいつも持ち歩いていたな。まぁ、折られちゃ困るから途中で
投げ捨てていたけど、こいつとは初めての喧嘩の頃からの付き合いだ。

まぁ、あいつとの喧嘩のときはたまたまなくしてしまったからな・・

「ち、血だらけだお・・」

「相手は誘拐をやってのける奴らだ。・・それに前襲われたときにはライセンス持った
やつらだったからかなりの金持ちだな。しかも俺相手だからかなりの大人数で行くだろ・・」

「そうか・・じゃあ、それを前提とするか。」


こうして俺たちはあーだこーだ言いながら作戦を練り上げていた。


124 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 16:26:15.07 PJgYIV/g0


「まずは俺が奴ら全員を叩くぜ。」

「おい、何言ってるんだ。全員ってかなりの大人数なんだろ。いくらお前でも・・」

「バーカ、最後まで話を聞け。・・俺が奴ら全員を可能な限り叩いておくからお前たちはその間に
ツンを救ってくれ。」

作戦は俺が陽動となりその間に内藤たちがツンを助け出す・・確実にして安全な方法だ。内藤たちが道場に通ったとはいえ
実戦経験は皆無・・だから俺が陽動となって内藤たちがツンを救い出す。幸いにもあいつらは足はまぁまぁ速いから
何とかなるだろう。

「そんな・・お前はどうするんだお!!」

「何とかなるさ・・俺はあの相良だぜ?」

「・・ブーン、相良のやり方でいこう。俺らは実戦経験皆無だ。
    • だけど、無事で来いよ。」

「ああ・・約束する。俺はお前らの元に絶対に帰ってくる。・・男と男の約束だ。まぁ、俺は元男だけど。」

すまないな・・これしか道はなさそうだ。
そういえば俺は初めて自分以外のために喧嘩をしようとしているのか・・


    • ヘヘヘ、俺もヤキが回ったものだ。だけど、いつになく心強い気がしてきたぜ。


132 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 17:13:41.32 PJgYIV/g0

そして・・夜の闇がいっそう強まる中、俺らは指定された工場へとたどり着いた。・・どうやら入り口には人がいないみたいだ。
俺は工場を見回すとそばにいるブーンとドクオに指示を出した。

「よし、俺は中に入る。お前らは裏手に回ってツンを救出して来い。・・今なら手薄だろ。」

「わかった。・・お前こそ無事でいろよ。」

「ああ・・男は約束を破らん。」

俺はドクオたちに再び約束すると工場の中へと入っていった。




工場は薄暗く・・誰もいないようだが人気はプンプンしていた。俺は大声で首謀者とやらを呼び出した。

「おい!!いるんだろ?でて来いよ!!!」

「よく来たわね。相良さん・・歓迎するわ。」


俺の声に応えるように女の声がした。そして突然に工場の中に明かりがつき首謀者の姿が露になった。



134 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 17:31:25.74 PJgYIV/g0


俺は目が眩みながらも首謀者の姿には見覚えがあった。

「よぉ、あいつのファンクラブの会長さん。・・ずいぶんと大げさなマネしてくれるじゃねぇか。
俺のダチを返してもらうぜ!!!」

そう、首謀者はファンクラブの会長であるクーだった。クーは静かそうな外見とは裏腹に俺に嫌味たっぷりな
視線を送りながら応えてくれた。

「よく来たわね。・・狂犬さん。」

「てめぇ・・なんでツンをさらった!!!」

「・・あなたを誘うためよ。大丈夫よ手はだしていないわ。ただ少し眠ってもらっているわ。」

俺は怒りを抑えながら、こないだのことについても聞いてみた。

「こないだ・・俺を襲ったのもあんたの仕業か?」

「ええそうよ。・・金は掛かったけど腕に選りすぐりのある人たちを選んだんだけど全部台無し・・本来ならここで
終わらせるつもりだったけど。・・翔さんには残念だわ。あなたより私のほうが優れているのに
    • だからちょっとお仕置きしちゃった。でもいいの、彼は絶対私を選んでくれるわ。」


    • やっぱりな。俺はだんだんと沸いてくる怒りを抑えながら最後の尋問に取り掛かった。


135 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 17:34:39.56 PJgYIV/g0


「・・なんで俺を狙った。」

最大の理由にして最期の質問・・俺を狙う動機だ。するとクーは先ほどから保っていた物静かな表情が
一気に豹変した。

「なんで・・ですって。あなたがあの人に近づくからいけないのよ!!!あの人はあなたより私のほうが
似合っている!!・・これ以上こんなこと言っても無駄ね。出てきなさい。」

クーが叫ぶと俺の周りにはゴロゴロと武装した野郎共が俺を取り囲んだ。ぱっと見て40人・・いや、60人近くはいやがるぜ。
俺は持っていた木刀を構えると徹底抗戦の構えをみせた。

「・・やる気のようね。みんなやってしまいなさい!!」

「おい、ひとつ忘れているぜ・・俺はあの相良だ、数ばっか寄せ集めたって
俺が絶対勝つ!!そしてツンを取り戻す!!!!」

「減らず口を・・」


俺はそういうと向かってきた野郎どもを迎撃した。・・ドクオたちの成功を祈りながら。


137 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 17:42:01.32 PJgYIV/g0

「うぉりゃぁぁぁ!!!」

俺は向かってい来る野郎どもを片っ端から迎撃しまくった。やはり、合気道だけでは何でもありの
喧嘩殺法には少々きつい。家から木刀を持ってきて正解だぜ。俺は血が染み付いている木刀を振り回しながら
片っ端に暴れてやった。

「オラオラ!!60人じゃ足んないぜ!!!」

しかし、女になってから体力的にも男のときとは根本的に違うので余り派手な技ができなかったから木刀を駆使して脳天を狙いまくって
相手を気絶させていった。しかしながらも木刀や蹴り、そして防御にも体力は食うのは変わりなく俺はできるだけ持久戦を避けたかった。
    • 内藤たちうまくやってるかな?


しかも、相手は減るどころかますます増え続けている。このまま行くと持久戦になるのはやむを得なかった。



138 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 17:50:35.18 PJgYIV/g0


「ハァハァ・・うりゃッ!!・・これで終いか。」

あれから数時間たっただろうか・・流石の俺も動きが鈍くなってきた。伸びている野郎はとうに
100を超えていた。そして、最後の奴を倒した。俺は木刀で支えながら膝を突いた。

「おい・・これで終いだな。さっさと人質を・・」

俺は最後の言葉を言おうとすると再び俺の周りに野郎共が60人ほどいた。

「“これで”じゃなくて“これから”よ・・狂犬さん?」

あんの野郎ォ・・Vシネとかのヤクザを〆るんじゃないんだからこんな大人数で来なくても
いいじゃねぇか!!しかもこの状態が続くとちょっときついかな・・だけど俺は負けねぇ!あいつらが
ツンを助けたら即刻逃げる!!


(初めて交わした約束だ!!あいつらのために無事に帰ってきてやるぜ!!!!)


俺はふらつく体に活を入れると再び木刀を構えた。


140 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 18:05:41.76 PJgYIV/g0

人間想いが強ければ強いほどとんでもない力を発揮するものである。俺は不思議と体力など関係なかった。
さっきと変わらない状況・・俺は木刀で片っ端からいつまでたっても減らない野郎共を倒しまくっていた。
今の俺は女の体力の限界を当に超えていた。

「こ、この女・・化け物か」

「おい・・来いよ。来ないんならこっちから行くぞ!!!」

俺は野郎共の集団に向かっていき、片っ端から潰していった。俺が順調につぶしている間、突然、奥のほうから
叫び声が聞こえていた。その声は当然聞き覚えのある声だった・・

「な、内藤!!ドクオ!!!」

「どうやら裏手から回ったようね。あらかじめ用意しておいてよかったわ。」

俺の作戦はお見通しかよ・・だけど、あいつらだって実戦は皆無でも伊達に道場は通っていない。
    • 男だからな。しかし、俺はボーっとしていたのか急に木材が飛んできた。俺はとっさに木刀で防いだが
かなりまずい体制だった・・


何とか防いだものの・・体力不足のためか思うように力が入れづらく、相手との力の差は歴然であった。



141 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 18:07:09.95 PJgYIV/g0


「クッ・・しまった。それに力の差がありすぎる・・」

「へへへ・・形勢逆転だな。このまま一気に!!!!・・フベラッ!!!」

俺が防御に専念している間、俺を押さえ込んでいた。野郎が吹っ飛んでいった。
俺は驚きながらも急に軽くなった木刀を振り払うと


    • 俺の隣には本来いるはずのないあいつがいた。


「お、お前・・なんでここに・・」

「俺の面ァ・・忘れたのか?俺は殺戮の天使・・中野翔だ!!!」


俺を救ってくれたのは本来、病院にいるはずの・・殺戮の天使であった。



143 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 18:25:46.99 PJgYIV/g0


「お前・・どうしてここが?」

「とある人から教えてもらったのよ。お前バカだからな。ついでに裏手の奴らを倒しながらこっちに来た。
お前の友達ひどいな。俺が来たとたんおばけが出たみたいに叫びあげるんだから・・

ま、あいつらは人質を無事に助けたぜ。」

そうか・・あれはやられたんじゃなくてこいつに驚いていたんだ。俺はほっとするとこいつとともに
俺は再び木刀を構えた。しかし、突然の中野の登場に・・黒幕であるクーが黙ってはいなかった。

「あなた・・なんで私じゃなくてあんな奴なのよ!!!」

「・・ハンッ!!てめぇみたいにこそこそせこい真似する女より、俺の隣にいる女のほうが俺はよっぽど好きだね!!
それに俺はこいつのために来たんだ。昔のことなんて関係ない!!・・男はな好きな女がピンチであればピンチであるほど燃えるんだよ!!!
怪我なんてしったこっちゃないね!!!!」

(え・・こいつの好きな奴って・・俺のこと?)


俺はかなり動揺した。あいつの好きな人物とは・・俺か?
いや、あいつは言った。それもはっきりと・・



“俺が好きだと”






144 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 18:26:55.13 PJgYIV/g0


「そう・・ならあなたも後悔するといいわ!!私を選び損ねた罰よ!!全員出てきなさい!!」

そういってクーはかなりの大人数を出した。うわぁ・・かなりいつなこりゃ。だけど、何だろう。
俺は今、非常にうれしい。あいつの因縁よりも・・あいつが来てくれたことに対してすげぇうれしい!!
なんだろうこの気持ち・・なんだかすげぇ、暖かいぜ。

そう・・まるで何かに包まれているように・・



もう、俺が元男だろうがなんだろうが関係ない・・


「・・だからお前はそんな女なんだよ。・・俺の彼女たちをこんな目にあわせておいてただじゃ
帰れないぜ!!・・このまま数が多いがやるか?狂犬?」

「かなり怪我しているお前とかなり体力を消耗している俺・・こいつらにはちょうどいいハンデだぜ。
行くぜ天使!!」


この最凶、最悪のタッグに掛かればこの場はもらったぜ!!!



146 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 18:41:47.51 PJgYIV/g0


“てめぇ・・名前は?”

“相良・・聖だ。孤独の騎士とでも名乗っておくか・・”

そう・・俺たちには数々の因縁があった。殴り合い、血が吹き飛び・・体中が悲鳴を上げる。
俺たちはそれがすべてだった。


“ハァハァ・・まだ俺は負けていないぜ狂犬さんよぉ・・”

“ヘッ・・よく言うぜ。今度こそ決着をつけてやるぜ天使さんよぉ!!!!”


いつも殴って倒れて起き上がる日々・・男は磨き上げた力で相手をぶっ倒す。倒れたら負けだ。それ以外に何もない。
俺は絶対負けなかった。・・だけど不思議とあいつとの喧嘩のときはいつも後一歩のところで邪魔が入った。
警察やら学校の先公やら・・だから俺たちは決着をつけたかった。


    • だけどあの日16歳の誕生日の日から一変した。



147 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 18:44:38.83 PJgYIV/g0


男の頃に誇っていた腕力と力はすべて女に必要な美と躾に変換されていた。
残ったのは僅かな力と過去の記憶と数々の喧嘩の経験とそのおかげで培った反射神経だけだった。
俺はなくした力を取り戻すために合気道に打ち込んだ。

その結果は短期間で師範代まで上り詰め、何とかなったと思っていたが・・女では限界があった。
女の体では男に負けているものが多々あった。それは力の差・・であった。


そして月日が経ち、絶対俺にはできないと思っていた友人も出来上がり・・あいつが再び現れた。俺は不覚にもあいつを別の感覚で
意識し始めた。そして会うたんびにその想いは俺の中で急激に強くなっていき、深まっていった。
    • そう、男では絶対感じられない意識、女ならではの意識・・


    • 俺はそれが今わかったような気がした。



149 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 19:07:29.37 PJgYIV/g0


「ハァハァ・・これで全部だな。」

「ケ、へへへ・・そのようだな。」

俺は辺りを見回してみるととんでもないほどの野郎の数で一杯だった。クーはというと信じられないような顔つきで
この光景を見ていた。すると、工場の門が開かれ俺は警戒していると・・その人物はドクオであった。



「よぉ・・約束、守ったぜ。」

「そうか・・お前が無事で何よりだ。内藤はツンに着きっきりだ。ツンを救えたのは中野のおかげだ・・」

「・・よかったぜ。」

「フッ・・全く世話を・・・かか・・せる・ぜ・」

俺は安心すると安心したのかあいつが倒れ掛かった。俺は倒れ掛かったあいつを抱え込むとよほど無理をしているようで
吐血していた。


俺の瞳からは・・必死に抑え込んでいた雫がこぼれ始めた。



150 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 19:08:08.76 PJgYIV/g0


「お、おい!!!お前・・俺のために無理して・・・」

「言っただろ・・男は好きな女のためだったら強くなるって・・俺はお前が好きだぜ。昔の因縁なんて関係ない。
どちらかが早く恋をすれば勝ちだ・・結果は俺が先にお前に惚れちまったけどな・

    • まだ1人残ってる・・後を頼んだぜ。」

「バ、バカヤロー!!何土壇場で言ってやがるんだ!!!・・おめぇは、おめぇはここでくだばるタマじゃねぇ!!!
テメーの命はちゃんと大事にしやがれ!!!!

だから・・だから・・目を覚ましくれよ。

                   ・・憎たらしい口を叩いてくれよ。

また俺にバカっていってくれよ!!!」

俺はあいつの顔に涙をこぼしながらあいつの体をゆするとかすかに心音がした。
どうも気絶をしていたらしい・・


    • こいつは本当にバカなやつだ。・・でも、俺はこんなバカが好きだ。



151 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 19:09:07.31 PJgYIV/g0


俺は涙ながらにあいつの顔を見つめた。俺は必死に涙を堪えるとドクオにあいつを任せた。

「・・ドクオ、こいつをもっててくれ。多分、気絶しているだけだ。後で俺が引き取る。」

「あ、ああ・・お前はどうするんだ・・」

「・・俺はまだやることがある。」

そうだ・・すっかり忘れていたぜ。あいつの想い・・俺が引き継いでやる。

まだ、残ってたよな・・1人!!


俺は腰が引けてるクーを指差しながら最後の気力を振り絞った。


「おい・・この俺とタイマンしろ!!」



152 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 19:18:47.10 PJgYIV/g0


腰が引けているクーは俺の言葉にビビッていた。

「た、タイマン・・ですって!!なんで?」

「まだ、てめぇが残っているからだよ。・・俺はあいつに約束した、後1人ぶっ倒すってな!!!
それに俺もてめぇも女同士・・好都合じゃねぇか!!」

俺は木刀を捨てて構えるとクーはいまだにうろたえていた。これでは勝負にならないので俺はとある条件を突き出した、

「・・俺がまけたらあいつからすっぱりと手を引いてやる。だけど俺が勝ったら俺たちの目の前から今後一切手は出さないでもらおうか!!!」

「本当ね・・私が勝ったらあの人から手を引くのね・・やってやろうじゃない。」

ようやくやる気になったか・・――ッ、体がミシミシといってきやがったな。早めに勝負を
つけないとまずいぜ。俺は構えるとクーはあの表情をしながらポケットに手を入れてこちらの様子を
伺ってきた。

「・・来なさいよ。それとも私が怖い?」

「・・この俺をなめんなよ!!」


俺はいつもより熱くなりクーに向かっていった。



154 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 19:27:32.62 PJgYIV/g0


(あなたはバカね・・)

俺はクーに突撃するとクーはポケットからメスみたいなのを取り出した。しかも、俺はクーに
接近していた、しかも刃物をかわしきれない距離であった・・

「フフフ、これじゃああなたも・・うぐッ!!」

「てめぇはバカか?俺がお前が武器を持っていることに気づかんとでも思っていたか!!」

「な、なんで・・確かに斬ったはず!!」

俺は確かにクーに突撃した、しかし俺はクーに左腕を斬らせ相手が油断した瞬間に背後に回り、メスをもっていた
腕を締め上げた。俺の左腕のほうは服が地で滲んでいたが、右腕のほうは何とか力を振り絞ってクーの腕を締め上げていった。

「おい・・約束どうり今後一切、俺たちから手を引いてもらおうか。じゃないとお前の腕を・・壊す!!」

「イタッ!!わ、わかったわよ!!・・も、もうあなたたちには手出ししないわ。」

クーの降伏宣言を聞いた後、クーの持っていたメスを投げ捨てて俺は腕を離した。
左腕を抑えながらクーの方向を見てみると、もはやクーには俺を手出しする気配がなかった。


    • これで蹴りはついた。



156 名前: ◆Zsc8I5zA3U 本日のレス 投稿日:2006/10/12(木) 19:36:06.19 PJgYIV/g0


俺は布で斬った左腕を巻くとドクオのほうへと振り向いた。

「大丈夫か・・その腕・・」

「ああ、大丈夫だ。出血の割には軽く斬っただけだ。・・じゃ、俺はこいつを連れて帰るわ。」

「お、おい・・大丈夫なのか?」

「ああ・・心配するな。」


そういって俺はあいつを抱えながら1人工場を後にした。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|