439 女体化の理論 IhrI0rmWO

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/09/12(火) 22:36:22.11 IhrI0rmWO

保守ついでに投下
ちと女体化の科学的な原理というか理由を考えてみたんだぜ?

~~
もともと昔から女体化は存在したが、性的に成熟する年令が20程度と現在と比較すると遅かったため、あまり発症する人は居なかったと思われる。
そのため症例が非常に少なく、実際に発症した人も名乗り出たがらない傾向にあったため、都市伝説の域を出ないでいた。


448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2006/09/12(火) 22:51:45.81 IhrI0rmWO

しかし近年、性成熟の低年令化により症例が急激に増加し社会的に認知されるようになった。

ある科学者が発症した人の遺伝子を調べたところ、彼(彼女)の両親には無い特殊なものが発見されたそうである。
その遺伝子がどういった影響を与えたのかは未だ憶測の域を出ないが、とある科学者はこう推測している。
「信じがたいことですが、後天的な突然変異によるものだと推測できます。
恐らく性成熟をした時点から数年が経過し、その時性行為を未経験だと、その個体…この場合は人ですが…の形質、つまりは顔形や体型等は不適であると判断され、どれかの遺伝子が突然変異を起こしてしまうのでしょう。
つまりはより良い顔形、子孫をより繁栄しやすい姿に変化するのです…」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|