top

レシピ目次

・ 春

肉魚


その他
・ 夏

肉魚


その他
・ 秋

肉魚


その他
・ 冬

肉魚


その他




その他 > 洗剤 > 石けん


●まめ知識

1.弱アルカリ性
 →肌にあまり触れないように。
2.油脂とアルカリで出来た界面活性剤。
 →油汚れを吸着して落とす。
3.洗濯用、住居用、キッチン用などがある。キッチン用が安全基準が厳しい。
4.重曹クリームクレンザー
 重曹 1/2C
 液体石けん 25ml
 クエン酸 大1/2
 →上記を混ぜ合わせ、泡立て器などでホイップ上に泡立てる。好みでエッセンシャルオイル等を数滴加えてもOK。
 →キッチンのタイル面、換気扇の羽等の汚れ、鍋やコンロの焦げ付きに向く。
5.漂白剤ペースト
 液体石けん 大1
 酸素系漂白剤 大2
 →液体石けんを器にいれ、酸素系漂白剤を加えて良く混ぜ合わせる。乾燥すると固まってしまうので、使うたび作る。
 →タイルの目地の黒ずみ、バスルームのカビなどに。

:::::::::::::::::::::::::::::::::


このページを編集    ■更新日時: 2010/12/05 18:40:31    ■登録タグ:    

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る








更新履歴

取得中です。