※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)

※血腫…血の固まり

  • 胎盤のもとになる絨毛子宮内膜の毛細血管を刺激して内出血をおこして血腫になります。
  • 赤ちゃんが大きくなり血腫を刺激して出血すことがあります。
  • 主な症状として少量の出血や腹痛があり、まれに大量に出血することがあります。
  • 出血することがあっても心拍が確認できればほどんどの場合は無事出産できます。
  • 自然に体内に吸収されてしまうこともあります。
  • 治療は安静にすることが基本で、出血を止める為に止血剤を使用します。感染症予防の薬も使われます。
  • 小さな血腫を含めて絨毛膜下血腫は妊娠初期によくみられることで、小さな血腫の場合は胎盤が完成する妊娠4〜5ヶ月には治るといわれています。


関連サイト



関連用語