※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ビタミンD

  • カルシウムの吸収を助ける働きがあります。
  • 日光浴をすることで体内でビタミンDができます。

ビタミンDを多く含む食材


注意

  • ビタミンDを過剰摂取することで赤ちゃんへ悪影響を与える可能性があります。
  • 赤ちゃんへの悪影響として骨格異常、高カルシウム血症、精神発達の遅延、発育の遅延などがあります。
  • 逆に妊娠初期にビタミンD不足になると妊娠中毒症の発症率が高くなってしまいます。
  • 1日に必要な摂取量は妊婦さんで7.5μg。上限は50μgといわれています。


関連サイト



関連用語



関連商品