※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ビタミンA


ビタミンAの効果

  • 免疫力の正常化や抗酸化作用があります。
  • 呼吸器官や消化器官の抵抗力をつけます。
  • 皮膚、髪、粘膜を丈夫にします。
  • がんの抑制や予防、心臓病の予防効果もあります。

ビタミンAの種類

  • ビタミンAには動物性食品に含まれるレチノールと、植物性食品に含まれるβ-カロテンがあります。
  • レチノールを過剰摂取した場合、疲労感、吐き気、下痢、肌荒れ、抜け毛などの症状がでることがあります。
  • 緑黄色野菜などに含まれるβ-カロテンの場合は人体に取り込まれると必要な分だけビタミンAに変わるため、余分に摂取しても問題ありません。まれに皮膚が黄色くなることがあるそうです。

ビタミンAが多く含まれている食材


注意

  • 内閣食品安全委員会によると1日5000μg以上のビタミンA(レチノール)を長期間摂取することで胎児の奇形の原因になることがあります。
  • 妊婦さんの推奨量は1日670μgといわれています。
  • 植物性食品にふくまれるβ-カロテンの場合は必要分だけ体内でビタミンAに変化するので過剰摂取してしまうことはなく心配はありません。
  • 注意は必要ですが、成長に必要な栄養素なのでβ-カロテンを主にして摂取することをおすすめします。


関連サイト



関連用語



関連商品