※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


妊娠線(にんしんせん)

  • 個人差もありますが妊娠7ヶ月ごろから体に表れるといわれています。早い人では妊娠4ヶ月ごろから出てくるそうです。
  • 妊婦さんの70〜80%の方にみられます。
  • 妊娠線がでやすい所は下腹部、乳房、太もも、おしりなどの脂肪がつきやすい場所です。
  • 妊娠線のでき始めの頃はかゆみが出ることもあります。
  • 皮膚の下の毛細血管が透けているため赤っぽい線になりますが、出産後から薄くなり出産後3ヶ月ほどで白っぽくなり目立たなくなります。
  • 急激な体重の増加や減少でおこる肉割れ(にくわれ)と同じです。

妊娠線の原因

  • 皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層からできています。
  • 表皮は弾力性があるためおなかの大きさに合わせて伸びるのですが、真皮と皮下組織は伸びについていけず亀裂ができてしまいます。この亀裂が表皮に透けてみえることで妊娠線はうまれます。

妊娠線の予防

  • クリームなどで保湿を行う。
  • マッサージを行う。
  • 有酸素運動(スイミング、ウォーキング)を行い脂肪を燃焼させる。
  • 急激に体重が増加しないようにコントロールする。


関連サイト



関連用語



関連商品