※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


妊娠検査薬(にんしんけんさやく)

  • 受精卵子宮着床すると胎盤から分泌されるhCGを検出して陽性反応をしめします。
  • 判定結果は99%の正確性があるといわれています。
  • 想像妊娠では反応しません。
  • 妊娠以外で陽性反応がでるケースがあります。
  • 妊娠していても陰性反応がでるケースもあります。
  • 早期検査薬と通常検査薬があります。
  • 陽性反応が出た場合、妊娠している可能性は高いですが、正常な妊娠であるかは判別できません。
  • 陽性反応がでた場合は早めに医師の診断を受けましょう。
  • デジタル表示の妊娠検査薬もあります。

早期検査薬


通常検査薬


妊娠以外で陽性反応がでるケース

  • 不妊治療でhCG製剤の投与を受けた場合体内に残るhCGに反応する場合がある。
  • 絨毛癌など、hCG産生腫瘍がある。
  • 閉経した女性の場合は微量なhCGが分泌されているため弱い陽性反応がでることがある。
  • 流産中絶から間もない時期に検査した場合、妊娠中のhCGが残っており反応することがある。
  • 排卵期に急増する黄体形成ホルモンに誤って反応してしまう。
  • 重度の糖尿、蛋白尿、血尿など不純物が多い場合は誤反応を起こす場合がある。

妊娠していても陰性反応がでるケース

  • 検査時期がまだ早い場合。
  • 水分の取り過ぎなどで尿が薄い場合。
  • 胎児の発育が停止している、または死亡している場合。
  • hCGが極端に多く分泌している場合は正常に反応せず陰性となることがあります。


関連サイト



関連用語