※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


レントゲン

  • 妊娠してからの週数とX線の量にもよりますが、知能低下や奇形になってしまったり、死亡することもあるそうです。妊娠している可能性がある場合はきちんと医師に伝えましょう。
  • 逆に胎児に影響がない程度の放射線検査もあるようなので検査の内容をきちんと聞いておいたほうが良いでしょう。
  • 胎児に影響があるとされている放射線の量は、1年間普通に生活していて受ける放射線の約50倍だとされています。(自然放射線は2mSv、胎児に影響があるとされる放射線量は100mSv)
  • 月経開始から10日間は妊娠の可能性が極めて低いため特に気にする必要はありません。このことを10日規則といいます。

レントゲン1回で体に受ける放射線の量(被爆量)


腰椎 1.5mSv
0.13mSv
胸部 0.065mSv
0.13mSv

関連Q&A



関連サイト



関連用語