※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


鉄分

  • 血液の原料になります。
  • 鉄分が不足すると疲れやすくなったり、貧血になります。貧血になった場合、赤ちゃんへの血液の供給が少なくなってしまいます。
  • 妊娠中に必要な鉄分の目安は1日15mg、妊娠後期には1日20mgといわれています。
  • 鉄分には動物性食品に含まれるヘム鉄と、植物性食品に含めれる非ヘム鉄があります。
  • ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて6〜7倍吸収率が高くなります。タンパク質も多く含まれていることから肉や魚などの動物性食品を摂るようにしましょう。
  • 貧血を防ぐために葉酸とともに鉄分を積極的に摂りましょう。
  • 鉄分を多く含んだ食物に卵、牡蠣、あさり、レバー、赤身牛肉、海藻、大豆などがあげられます。
  • 鉄分は体内に吸収されにくいためビタミンCやたんぱく質と一緒に摂ることで吸収がよくなります。


関連サイト



関連用語




関連商品