※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


子宮(しきゅう)

  • 体内で赤ちゃんの入れ物になる袋状の器官で、膀胱と直腸の間にあります。
  • 洋梨を逆にしたような形をしています。
  • 通常はにわとりの卵くらいの大きさで、妊娠時は赤ちゃんの成長にあわせて大きくなります。
  • 妊娠後期の子宮と妊娠前の子宮を比べると長さで約6倍、重さでは約20倍にもなります。
  • 産後約6〜8週間をかけて元の大きさにもどります。
  • 子宮が回復するときに悪露(おろ)がでますが、4〜6週間でなくなっていきます。

子宮底長


妊娠中の子宮の大きさの変化

  • 妊娠1ヶ月:にわとりの卵くらい
  • 妊娠2ヶ月:にわとりの卵の1.5倍
  • 妊娠3ヶ月:大人の握りこぶしくらい
  • 妊娠4ヶ月:子供の頭くらい
  • 妊娠5ヶ月:大人の頭くらい
  • 妊娠6ヶ月:約18〜21cm ※子宮底長
  • 妊娠7ヶ月:約22〜26cm ※子宮底長
  • 妊娠8ヶ月:約26〜29cm ※子宮底長
  • 妊娠9ヶ月:約30〜32cm ※子宮底長
  • 妊娠10ヶ月:約32〜35cm ※子宮底長

産後の子宮の変化

  • 分娩直後  :約15cm
  • 1週間後  :約13cm
  • 2週間後  :約10cm
  • 3〜4週間後:約8〜9cm
  • 6〜8週間後:約7cm ※出産前と同じ大きさ

子宮の代表的な病気



関連サイト



関連用語