※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


胎盤(たいばん)

  • 妊娠した時だけできる臓器で、妊娠15週くらいで完成します。
  • 臍帯(へその緒)をとおして赤ちゃんとつながっていて、お母さんから血液や栄養を受け取り、老廃物をお母さんの血液に排出します。
  • 赤ちゃんとお母さんは直接へその緒でつながっているのではなく、胎盤を通して赤ちゃんとつながっているためお母さんと赤ちゃんの血液型が違ってもきちんと成長します。
  • 出産後へその緒を切ったあとに子宮の収縮がおこり子宮から胎盤が剥がれ出ます。その際はいきむことによって体外に放出します。このことを後産(あとざん)といいます。
  • 後産で出てきた胎盤を食べることがあるとか。動物としては普通の行為なので間違ってはないのでしょうけど。ちなみに焼いて食べたり刺身で食べたりするようです。


関連サイト



関連用語