※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セロトニン

脳内の神経伝達物質のひとつで、必須アミノ酸であるトリプトファンの代謝過程で生成されるもの。ほかの神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽)、ノルアドレナリン(恐れ、驚き)などの情報をコントロールし、精神を安定させる作用がある。セロトニンが不足すると感情にブレーキがかかりにくくなるため、快楽から抜け出せずに依存症に陥ったり、うつ病になりやすいなどといった指摘もある。

セロトニンの分泌量を減らす要因(睡眠習慣?の乱れ)

  1. 夜型生活
  2. 食事起床時間ばらばら
  3. 夜のパソコン、TV、ゲーム(交感神経が興奮し、寝つきが悪くなる。)

セロトニンの分泌量をふやすには(リズム運動

  1. ガムをかむ
  2. 自転車をこぐ
  3. 歩く。(ウォーキング)