※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジオン軍ウェポン詳細(追加1)

トップページへ戻る

WZ-0001~WZ-0026 WZ-0027~WZ-0040 (追加カード2006/10)


WZ-0027 太陽発電衛星

所属 ジオン公国軍 分類 レーザー兵器 レアリティー アンコモン
出展 機動戦士ガンダム コスト 50
プロフィール 太陽光による発電を行い、その電力をマイクロ・ウェーブ化して送電する機能を持った人工衛星。スペースコロニーの電力供給などに利用されている。ジオン公国軍の巨大レーザー兵器“ソーラ・レイ”発射のための、膨大な電力供給にも太陽発電衛星が利用された。
弾数 攻撃重視 コロニー・レーザー 弾数
機動重視 - -
防御重視 - -
適正メカ ソーラ・レイ
装備 片手持ち - 両手持ち -
備考 【ソーラ・レイ】に増設。武器、カスタムスロットを使い、3つまで
コメント
ジオン版漢の超兵器・「ソーラ・レイ」をより完全なものにするための武器・・・というよりオプション部品。

武器・カスタム欄を使ってソーラ・レイに3つ付けられる。つけた分だけチャージ時間の短縮、威力UP

上へ戻る


WZ-0028 MMP-78 マシンガン

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー コモン
出展 機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー コスト 30
プロフィール ザク・マシンガンの一種。対戦後期に生産されたタイプのマシンガンで、銃身下部にグレネイド・ランチャーの装備も可能であった。レシーバー上部のドラム・マガジンなど基本構造はザク・マシンガンと変わらないが、細部にさまざまな仕様変更が施されている。
弾数 攻撃重視 マシンガン 弾数 5/20
機動重視 - -
防御重視 グレネイド 1/3
適正メカ ザクII後期型
装備 片手持ち 両手持ち
備考 【グレネイド】遮蔽物越しに攻撃可能。弾切れになっても、マシンガンの残弾がある時は、MS固定武装の防御重視武器は射撃不可。
コメント
グレネ-ド付属のマシンガン。グレネ-ドで遮蔽物越え攻撃できるので良いが

コストは高め。これ一丁で近距離戦も遠距離戦もこなせるのは便利。

上へ戻る


WZ-0029 MMP-78マシンガン(対空砲弾マガジン仕様)

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー コモン
出展 機動戦士ガンダム? コスト 45
プロフィール ザク・マシンガンの一種。航空機攻撃用に空中で四散する対空砲弾が装填されており、 MSが苦手とする対空攻撃の能力が向上している。グレネイド・ランチャーも標準装備しているため、 さまざまな局面に対処することができる武装といえる。
弾数 攻撃重視 対空砲弾 弾数 5/20
機動重視 - -
防御重視 グレネイド 1/3
適正メカ ???
装備 片手持ち 両手持ち
備考 【対空砲弾】地上/水中から空中の敵へロックオン速度アップ
【グレネイド】遮蔽物越しに攻撃可能。弾切れになっても、マシンガンの残弾がある時は、MS固定武装の防御重視武器は射撃不可。
コメント
対空砲弾タイプのマシンガン。下駄乗りのMSや同軍対戦時のアプサラスを落とすには持ってこいの武装だけど赤撃ちのマシンガンのみで更に通常のよりコストが高いので、使い所が難しい

上へ戻る


WZ-0030 MMP-80マシンガン

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー コモン
出展 機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー コスト 25
プロフィール 90mm弾を使用したジオン公国軍の新型マシンガン。小口径化にともない銃自体も小型化されている。生産性が高く。大戦後期には大量に生産され各部隊へと配備された。「統合整備計画」以降に開発されたザクⅡ改などは、MMP-80マシンガンを主武装としていた。
弾数 攻撃重視 マシンガン 弾数 5/15
機動重視 - -
防御重視 マシンガン 5/15
適正メカ ザクⅡ改
装備 片手持ち 両手持ち
備考 なし
コメント
連邦のブルパップマシンガンと同性能。

マシンガンにしては威力が高いが弾切れが速いので注意。

上へ戻る


WZ-0031 MMP-80マシンガン(グレネイド・ランチャー仕様)

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー アンコモン
出展 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 コスト 35
プロフィール MMP-80マシンガンにグレネイド・ランチャーを装着した仕様。装弾数の多いドラム・マガジンとは違い、装弾数が少ないボックス・マガジンを使用しているMMP-80の総合的な攻撃力を向上させるため、補助武器としてグレネイド・ランチャーが装着されている。
弾数 攻撃重視 マシンガン 弾数 5/15
機動重視 - -
防御重視 グレネイド 1/3
適正メカ ザクⅡ改
装備 片手持ち 両手持ち
備考 【グレネイド】遮蔽物越しに攻撃可能。弾切れになっても、マシンガンの残弾がある時は、MS固定武装の防御重視武器は射撃不可。
コメント
グレネイドは味方も巻き込むので注意。グレネイドの威力はガンダムシールドの耐久力を半分減らす程度。

MMP78と違いこちらはザクⅡ改に適正アリ。

上へ戻る


WZ-0032 ハンドグレネイド(ザクII改仕様)

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー コモン
出展 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 コスト 20
プロフィール MS用の投擲兵器。投げやすいようにグリップが付いている。 グリップは伸縮式になっており、携行時には縮めて携帯性を高めることができる。 使い勝手のよい兵器とは言い難いが、何より製造コストが安いため、 ザク2改には標準的な武装として装備されていた。
弾数 攻撃重視 ハンドグレネイド 弾数 1/3
機動重視 - -
防御重視 ハンドグレネイド 1/3
適正メカ ザクII改
装備 片手持ち 両手持ち ×
備考 【ハンドグレネイド】遮蔽物越しに攻撃可能。
コメント
ジオン版ファイアナッツのようなもの。使えるかと言うと…ファイアナッツ同様出番は少ないだろう。

ただ、ザクⅡ改には固定武器として装備されているので見る機会はあるかも。
命中値は低いので、狙撃して武器無し無防備の赤相手に当たらなくても泣かない。

上へ戻る


WZ-0033 シュツルム・ファウスト

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー コモン
出展 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 コスト 25
プロフィール 単発式のロケットランチャー。一発使い切りの簡易ロケットランチャーで、 バズーカと同程度の威力を持ちながら製造コストが安く、運用する機体を選ばないため、 大戦後期には大量に生産された。バズーカよりも弾速が遅く、命中率に多少の難がある
弾数 攻撃重視 シュツルム・ファウスト 弾数 1/3
機動重視 - -
防御重視 シュツルム・ファウスト 1/3
適正メカ ケンプファー
装備 片手持ち 両手持ち ×
備考 なし
コメント
手に持つ小型バズーカみたいなもの。「ケンプファー(フル装備)」に標準装備。

使い捨てなのに三発弾数があるのは他の投擲兵器のように三本持って出撃しているのだと考えよう。
単発なので狙撃効果ならほとんどのMSが即死する可能性があるが命中率がイマイチ

上へ戻る


WZ-0034 ジャイアント・バズ(リック・ドムII仕様)

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー アンコモン
出展 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 コスト 45
プロフィール ジャイアント・バズの一種。主に宇宙での使用に適した改良が施されており、リック・ドムIIなどが主武装として使用している。照準器が変更された他、砲口部にロケット弾の発射ガスを防ぐための防炎板が設けられた。フォアグリップはオミットされている。
弾数 攻撃重視 ジャイアント・バズ 弾数 2/8
機動重視 - -
防御重視 ジャイアント・バズ 1/8
適正メカ リック・ドムII
装備 片手持ち 両手持ち
備考 なし
コメント
旧ジャイアントバズに比べるとコスト+5だが威力と命中が+1されている。

かなりの威力となるのでコスト相応の力はある。

上へ戻る


WZ-0035 ビーム・マシンガン

所属 ジオン公国軍 分類 ビーム兵器 レアリティー レア
出展 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 コスト 60
プロフィール ビーム・ライフルに連射機能を持たせたビーム兵器。ただでさえ加熱しやすいビーム兵器を連射するため、強制冷却が必要となりその装置などを搭載した結果、銃が大型化している。ゲルググJなどによって運用され、ある程度の成果を上げた。
弾数 攻撃重視 ビーム・マシンガン 弾数 5/20
機動重視 - -
防御重視 ビーム・マシンガン 5/20
適正メカ ゲルググJ
装備 片手持ち × 両手持ち
備考 両手持ち専用兵器、シールドをダメージ貫通
コメント
ビーム兵器の威力とマシンガンの命中率を両立した兵器。消費出力が20と高い。

赤攻撃はマシンガンに似た攻撃レンジで、射程がやや短いが横に広く自機付近をカバーする。狙撃は他のBR同様射程重視の縦長扇形。
マシンガン系・バルカン系兵器と同じく防御重視でも5発発射するので狙撃効果時の威力は非常に高い。

上へ戻る


WZ-0036 ショットガン

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー アンコモン
出展 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 コスト 35
プロフィール MS用のショットガン。ショットガンとは、散弾と呼ばれる複数の小弾丸を発射する銃で、発射後に散弾が一定範囲に広がるため命中率が高い。本来は、人海戦術による戦闘車両や戦闘ヘリなどを一掃するために開発されたが、対MS戦においても効果的な兵器であった。
弾数 攻撃重視 ショットガン 弾数 2/6
機動重視 - -
防御重視 ショットガン 2/6
適正メカ ケンプファー
装備 片手持ち × 両手持ち
備考 両手持ち専用兵器
コメント
演出の見た目は地味だが、効果範囲がザクマシンガン系より広いうえに、まともに当たるとダメージは馬鹿にならない。

ただし、両手持ち専用兵器であることは注意。
Ver.2.02より弾数が8→6へ変更。

上へ戻る


WZ-0037 ショットガン(ストック仕様)

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー アンコモン
出展 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 コスト 45
プロフィール MS用ショットガンのストックを装着した仕様。ストックを装着したことで、より安定した射撃が可能になっている。MS用ショットガンは、少数の試作が製造されたのみで、その使用記録はケンプファーなど一部のMSでしか確認されていない。
弾数 攻撃重視 ショットガン 弾数 2/6
機動重視 - -
防御重視 ショットガン 2/6
適正メカ ケンプファー
装備 片手持ち × 両手持ち
備考 両手持ち専用兵器
コメント
ノーマルのショットガンに比べると、命中率が+1され、防御重視時の攻撃範囲がビームライフルに似た縦に長い扇形となる。これをもたせれば、射撃が10程度のパイロットでも一躍エースパイロットになれるかもしれない命中率を誇る。ドアンとかシャルロッテとか(w

Ver.2.02より弾数が8→6へ変更。

上へ戻る


WZ-0038 チェーン・マイン

所属 ジオン公国軍 分類 格闘兵器 レアリティー レア
出展 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 コスト 25
プロフィール 鎖のように連結された吸着地雷を、敵に巻きつけて爆発させる格闘戦用兵器。原始的構造の兵器のため、扱いは非常に難しいが命中すれば絶大な威力を発揮する。ケンプファーが使用して、アレックスのチョバム・アーマーを破壊した。
弾数 攻撃重視 - 弾数 -
機動重視 チェーン・マイン 1/1
防御重視 - -
適正メカ ケンプファー
装備 片手持ち 両手持ち ×
備考 対艦戦装備(※母艦を攻撃した時のみ発動)
コメント
一発限りのハイパーハンマーみたいなもの。範囲もハンマーと同様に縦長矩形。

威力も非常に高く、特に戦艦への攻撃は特殊効果によりすさまじいダメージとなる。
ジムやザク・グフ級ならクリティカル無し・ガード崩し無しでも余裕で即死します。
ちなみに、避けられた場合マインは消費されない。命中して初めて消費される。
盾防御されると盾貫通ダメージ無しなので少し悲しくなる。
格闘兵器なので、予備弾倉では弾数は増えない。マインを使った後は補給可能。
価格がハイハン並みなら、チェーンマイン2つ持たせた藁デッキができるのに・・・

上へ戻る


WZ-0039 ハンド・ミサイル・ユニット

所属 ジオン公国軍 分類 実弾兵器 レアリティー コモン
出展 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 コスト 30
プロフィール ハイゴッグおよび、ズゴックE用に開発されたミサイル・ユニット。上陸作戦において、上陸後の攻撃に使用される。ミサイル自体は腕部先端に取り付けられ、腕部全体を覆うカバーを装着することにより水中でも装着したまま移動することができる。
弾数 攻撃重視 ミサイル 弾数 1/1
機動重視 - -
防御重視 ミサイル 1/1
適正メカ ハイゴック
装備 片手持ち 両手持ち × 武器スロット-4番
備考 水中の敵に対して攻撃力上昇
コメント
武器スロット4番の実質ハイゴッグとズゴックE専用兵器。両手に装備できる。

コスト30と単発兵器としては高く一発使い切りだが、その分威力は高い。
また命中率が高く両手に装備した二重武装の状態でも結構当たってくれる。
有効に使うなら両手に装備して予備弾倉を、弾数が三倍になる。

上へ戻る


WZ-0040 ビーム・ライフル(アクトザク仕様)

所属 ジオン公国軍 分類 ビーム兵器 レアリティー アンコモン
出展 機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに・・・ コスト 45
プロフィール 初期に開発されたビーム・ライフルの一種。エネルギーCAPのメガ粒子蓄積ユニットが、銃下部に突き出した構造を持つ。その分、銃の全長を短くすることに成功しており、エポックメイキングな構造を持った武器だったといえる。
弾数 攻撃重視 ビーム・ライフル 弾数 3/15
機動重視 - -
防御重視 ビーム・ライフル 2/15
適正メカ アクトザク
装備 片手持ち 両手持ち
備考 シールドをダメージ貫通
コメント
見た目がハイザック&マラサイ専用BRと同じ。

BクラブのガレキのBRはもっと違うデザインだったはずなのだが・・・
ビームスプレーガンなどと同様に狙撃で2発発射する。
ゲルググビームライフルに比べ消費出力が低めになっているのもポイント。
攻撃レンジは、赤攻撃の場合ゲルググ仕様に比べ射程が短いが横幅が若干広く懐をカバーする。
(背シルゲル等に)両手にビームライフルを持たせるなら、ゲルググ仕様とこれを持たせると攻撃レンジのバランスが良くなる。
Ver.2.02で装填数が3発増え、ゲルググ仕様+6発分が保障されるようになった。これによりビームザクやドムなどの出力13のMSでも12発装填になったのは大きい。
出力21以上機体:発射数 3 / 2  装填数18 (ゲルググなど)
出力17機体:発射数 3 / 2  装填数15 (アクトザク、リックドムⅡなど)
出力13機体:発射数 3 / 2  装填数12 (ドム、イフリートなど)
出力9機体:発射数 3 / 2  装填数9 (ザク系MS、グフ系MSなど) (※カスタム「外部ジェネレーター」装備必須)

上へ戻る