※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

検証結果まとめ(Ver1.00)

本稿では、ゲーム内で明確な説明のない効果や補正について行われた検証の結果を掲載する。
データを加える際は、実際に行った検証結果のみを掲載して下さい。

トップページへ戻る

パイロットに関する補正の検証

パイロット適正による格闘命中率の検証

(2chジオンスレ情報)

検証
検証機
パイロット:変動(格闘+9)
メカニック:グフ(機動重視)
非攻撃機
パイロット:フランシス・バックマイヤー(パラメータ初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
テキサスコロニー
その他
各条件につき、500回ずつ行った
テンションは、双方とも常に「普通」状態
命中に関する補正は一切入っていない。
検証結果
検証キャラクター パイロット適正 格闘パラメータ 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率 (命中数+MISS数):回避数
オルテガ A 27(初期18 +9) 500 360 49 91 72.0% 81.8 : 18.2
アンディ・ストロース B 27(初期18 +9) 314 61 125 62.8% 75.0 : 25.0
Rバーナード・ワイズマン C 27(初期18 +9) 317 62 121 63.4% 75.8 : 24.2
検証人仮説
パイロットランクが高い方に割合が少しおおくなる?
同じまたは低い分には割合はほぼ「75:25」をこの条件でやった場合キープする。
相手よりパイロットランクが高いとちょっと命中に補正がつく?

パラメータ毎の命中率補正の検証

(2chジオンスレ情報)

検証A(格闘パラメータによる命中率上昇)
検証機:
パイロット:変動(格闘+9)
メカニック:グフ(格闘重視)
被攻撃機:
パイロット:フランシス・バックマイヤー(パラメータ初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
トリントン射爆場
その他
各条件につき、500回ずつ行った
テンションは、双方とも常に「普通」状態
外部からは命中及び回避に関する補正(検証以外の)などは一切入れていない
「パイロットランクによる補正(立証されていませんが)」は無いものとしています。
検証結果
検証キャラクター 格闘パラメータ 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率
エルラン 12(初期3 +9) 500 237 124 139 47.4%
ウラガン 15(初期6 +9) 251 118 131 50.2%
シャルロッテ・ヘープナー 18(初期9 +9) 267 99 134 53.4%
ジェイク・ガンス 21(初期12 +9) 280 90 130 56.0%
デル 24(初期15 +9) 294 78 128 58.8%
Rアイナ・サハリン 27(初期18 +9) 309 67 124 61.8%
旧ドズル・ザビ 30(初期21 +9) 322 57 121 64.4%
検証人仮説
おそらく1めもりにつき1%です
全てレベルアップを格闘に回した場合「約9%」の上昇が見込めます
「育成以上のカスタム無し」

テンションによる命中率補正の検証

(2chジオンスレ情報)

検証
検証機:
パイロット:ロバート・ギリアム(格闘+9)
メカニック:グフ(機動重視)
被攻撃機:
パイロット:セイラ・マス(パラメータ初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
その他
各条件につき、500回ずつ行った
被攻撃機のテンションは、常に「普通」状態
検証結果
検証テンション 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率
MAX 500 335 47 118 67.0%
強気 328 56 116 65.6%
普通 317 59 124 63.4%
弱気 304 67 129 60.8%
MIN 294 74 131 58.8%
検証人仮説
ほぼ2%ずつの上昇&下降値である。

特殊能力による補正の検証

(2chジオンスレ情報)

「攻撃力がアップする」による補正の検証
(倍率のあるものは全て倍率×1毎に上昇)
効果 キャラクター 特殊能力名
5% サウス・バニング 傑出した統率力
シーマ・ガラハウ
10% フォルド・ロムフェロー 加速する戦意
ティアンム 反撃の狼煙
シロー・アマダ 挺身の覚悟
アイナ・サハリン
コウ・ウラキ 終わりなき追撃
ケン・ビーダーシュタット 血の代価
12% テネス・A・ユング エースの証明
20% リド・ウォルフ 踊る黒い死神
クリスチーナ・マッケンジー 孤軍奮闘
バーナード・ワイズマン
ワッケイン 量産機の大編成
ドズル・ザビ(Ver.2)
22.5% ベルナルド・モンシア 卓越した戦技(機動)
ゲイリー
アルファ・A・ベイト 卓越した戦技(攻撃)
ボブ
チャップ・アデル 卓越した戦技(防御)
アダムスキー
25% フランシス・バックマイヤー 窮地からの生還
バーナード・ワイズマン
キシリア・ザビ NT部隊の設立
トップ 死への恐怖
クスコ・アル 愛憎の果てに
シン 集団戦法
30% マレット・サンギーヌ ジオンの亡霊×1
50% マレット・サンギーヌ ジオンの亡霊×2
「防御力がアップする」による補正の検証
効果 キャラクター 特殊能力名
15% マット・ヒーリィ 防御陣形
55% クリスチーナ・マッケンジー 孤軍奮闘
バーナード・ワイズマン
「HPが回復する」による回復量の検証
検証機 単位時間あたりの回復量 単位時間 キャラクター 特殊能力名
母艦 HP 10% 1秒 ウッディ 守るべき艦
メイ・カーウィン
170ガンダム HP 10% 8秒 マチルダ・アジャン 決死の補給部隊
HP 15% アルフ・カムラ EXAM強制停止
HP 20% ジェラルド・サカイ 工学の知識
HP 25% テム・レイ ガンダムにかける情熱
「回復能力がアップする」「補給能力がアップする」による補正の検証
効果 効果対象 キャラクター 特殊能力名
200% 回復能力 ニック・オービル ブラウ・エンジェル
補給能力 オサリバン 危険な密約
300% 補給能力 オムル・ハング 緊急メンテナンス
ニエーバ
「移動速度がアップする」による補正の検証
効果 キャラクター 特殊能力名
10% オスカー・ダブリン 母艦撤退ナビゲート
ウラガン 下された撤退命令
20% モスク・ハン NTへのサポート体制
ジョニー・ライデン 真紅の稲妻
「テンションが徐々にアップする」による上昇率の検証
検証内容補足:
秒数はテンションゲージ1ランク分がおよそ何カウントで上がるか目安。
4なら約4秒で通常→強気になる。基本的に弱気→通常→強気→MAX間のゲージ上昇時間は同一。
通常は1段階上昇するのにおよそ34秒かかる。便宜上これを100%とする。
秒数 比率 キャラクター 特殊能力名
34 100% 通常時 -
26 130% リード 狼狽する指揮官
22 155% ラトーラ・チャプラ 破られた平穏(戦力差有)
19 180% ミライ・ヤシマ 操艦技術
ドレン
アス スタンドプレイ
デル 味方へのバックアップ
17 200% アムロ・レイ 突出した才能
テキサン・ディミトリー レディキラー
ハインツ・ベア 前線の撃墜王
ジャック・ベアード 民間人護衛の使命
サリー 味方へのバックアップ
アリス・ミラー 内部監査
ラバン・カークス はやる血気
ランバ・ラル ゲリラ屋戦法
クランプ
ジーン 命令違反
スレンダー 待機命令
トクワン 高機動MAの実戦配備
ボラスキニフ 海洋部隊の誇り
ゼイガン 極秘任務
マリガン 海洋部隊への支援
アンディ・ストロース 前衛の務め
16 210% サウス・バニング 率先垂範
シャア・アズナブル 赤い彗星
シャリア・ブル 類稀な洞察力
シーマ・ガラハウ 虎視眈々
デトローフ・コッセル 副官の務め
ラトーラ・チャプラ 破られた平穏(戦力差小)
15 230% カレン・ジョシュワ 新任隊長への激励
ガースキー・ジノビエフ
チャック・キース お調子者
アコース 命令の尊守
カリウス 忠実な腹心
14 240% マクシミリアン・バーガー ムードメーカー
13.5 250% デン・バザーク 極秘任務
アカハナ
セシリア・アイリーン 総帥への献身
12 280% パオロ・カシアス クルーの精神的支柱
フィリップ・ヒューズ
マレット・サンギーヌ 勝利への執念
ノイエン・ビッター
10 340% ゴップ ジャブローのもぐら
テリー・サンダースJr. ジンクスの返上
イーサン・ライヤー 母艦の撃墜命令
モーリン・キタムラ 乙女の祈り
エイガー 味方へのバックアップ
コウ・ウラキ 実戦の恐怖
トーマス・クルツ 亡命の理由
9.5 360% シロー・アマダ 執念と情熱
9 380% フラウ・ボゥ 仲間への応援
8.5 400% ギャリー・ロジャース 一撃離脱
ロバート・ギリアム
ミケル・ニノリッチ 部隊のお荷物
コズン・グラハム 慢心と油断
フラナガン・ブーン 海洋エリアの制圧
ククルス・ドアン 反戦の願い
ギャビー・ハザード 乱射攻撃
7 485% レビル 戦意発揚
ギレン・ザビ
シンシア 上官への忠誠
6 570% ガデム 古参兵の意地
5 680% ロン・コウ チームプレイ
マサヤ・ナカガワ
4 850% アムロ・レイ 死線を越えて
クリスチーナ・マッケンジー
負けず嫌い(シャルロッテ・ヘープナー)
検証機:
パイロット:シャルロッテ・ヘープナー(格闘+9)
メカニック:グフ(格闘重視)
被攻撃機:
パイロット:フランシス・バックマイヤー(パラメータ初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所:
テキサスコロニー
その他:
各条件につき、500回ずつ行った
テンションは、双方とも常に「普通」状態
外部からは命中及び回避に関する補正(検証以外の)などは一切入れていない
検証結果
検証カスタム 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率
能力未発動時 500 269 96 135 53.8%
「負けず嫌い」発動時 286 82 132 57.4%
検証人仮説
命中率上昇補正=4%

艦長補正による命中率補正の検証

(2chジオンスレ情報)

検証
検証機:
パイロット:シン・マツナガ(格闘MAX)
メカニック:グフ(格闘重視)
被攻撃機:
パイロット:旧スレッガー(回避MAX)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
テキサスコロニー
その他
各条件につき、500回ずつ行った
テンションは、双方とも常に「普通」状態
外部からは命中及び回避に関する補正(検証以外の)などは一切入れていない
検証結果
検証キャラクター 命中率上昇効果表示 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率
ドレン 500 385 49 66 77.6%
デトローフ・コッセル ↑↑ 399 40 61 79.8%
コンスコン ↑↑↑ 407 35 58 81.4%
検証人仮説
命中↑につき約2%上昇

民間人による補正の検証

(2chジオンスレ情報)

検証
検証機:
パイロット:デル(格闘15+9)
メカニック:グフ(格闘重視)
サブ・パイロット:ミハル(格闘で育成)
被攻撃機:
パイロット:フランシス・バックマイヤー(初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
テキサスコロニー
その他
各条件につき、500回ずつ行った
予想
パラメータ1メモリは命中率1%↑になるため、レベル1ミハルなら算出命中率は59.8%、レベルMAXミハルなら62.8%になると予想
検証結果
サブPのレベル サブP格闘パラメータ 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率
非搭載 0 500 294 78 128 58.8%
3 299 86 115 59.8%
MAX 12 296 88 116 59.2%
検証人仮説
民間人によるパラメータの上昇は無いか、あっても初期パラ分のみ

メカニックに関する補正の検証

メカニックの機動と回避の関係性についての検証

(2chジオンスレ情報)

検証
検証機:
パイロット:ジェイク・ガンス(格闘+9)
メカニック:グフ(機動重視)
被攻撃機
パイロット:フランシス・バックマイヤー(パラメータ初期値)
メカニック:変動(機動重視)
場所
テキサス・コロニー
その他
外部からの命中補正は一切入れていない
テンションは常に普通である
検証結果
被攻撃機 機動パラメータ 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率 算出回避率
ガンキャノンII 8 500 240 107 153 48.0% 30.6%
ガンダム 17 221 99 180 55.2% 36.0%
検証人仮説
機動と回避は少なからず影響があると思われる
命中+MISS:回避の割合も若干変わる

メカニックの3すくみによる命中率補正の検証

(2chジオンスレ情報)

検証
攻撃機
パイロット:トーマス・クルツ(格闘+9)
メカニック:ゲルググM(3すくみ変動)
被攻撃機
パイロット:フランシス・バックマイヤー(パラメータ初期値)
メカニック:ジム・カスタム(3すくみ変動)
場所
テキサスコロニー
その他
全ての条件で500回ずつ検証を行った
双方テンションは常に「普通」
命中率、及び回避率の変動するような補正は一切していない
検証結果
攻撃機 被攻撃機 攻撃武装 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率
攻撃重視 攻撃重視 シュツルム・ファウスト 500 142 209 149 28.4%
防御重視 183 213 104 36.6%
防御重視 攻撃重視 204 159 137 40.8%
防御重視 220 169 111 44.0%

ウェポンに関する補正の検証

実弾兵器、ビーム兵器に関する命中率補正の検証

(2chジオンスレ情報)

検証A(二重武装による補正)
検証機:
パイロット:トーマス・クルツ(格闘+9)
メカニック:先行量産型ゲルググ(攻撃重視)
被攻撃機
パイロット:フランシス・バックマイヤー(パラメータ初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
テキサス・コロニー
その他
補正などによる命中及び回避率の上昇はしていない
テンションは双方常に「普通」である
命中の下()内はHIT数の内訳である
検証Cはどちらかの武器が一発でも当たれば命中したということにしています
検証Cの「1HIT」とは「一発のみ当たった」というわけではなく「その武器が一発のみ当たった」ということである
例:ウエポンA(ビーマシ)
 (1HIT・・・72/291)
の場合ウエポンAのみが1発当たったのではなく、それに加えウエポンBが1発~5発当たっている可能性がある
検証結果
検証ウェポン 発生する補正 検証
回数
命中数 MISS数

算出命中率
1Hit 2Hit 3Hit 4Hit 5Hit 合計
ビーム・マシンガン(ガーベラ・テトラ用)
+旧スパイク・シールド
- 500 95 87 79 76 63 400 91 9 80.0%
ビーム・マシンガン(ガーベラ・テトラ用) 両手持ち 99 94 84 74 68 419 74 7 83.8%
MMP-80マシンガン(後期型)
+旧スパイク・シールド
- 95 89 80 75 64 403 89 8 80.6%
MMP-80マシンガン(後期型) 両手持ち 101 92 85 75 69 422 73 5 84.4%
MMP-80マシンガン(後期型)
+ビーム・マシンガン(ガーベラ・テトラ用)
二重武装 72 64 58 51 39 291 145 64 58.2%
75 61 54 50 41
検証人仮説
HIT数単体で見ると3%くらいずつ低下。

全体では25%くらい低下?
尚格闘とおなじ命中補正なのであればカスタム「教育型コンピュータ」「出力リミッター解除」での命中数の増加は至極当然であることがわかる。
両手もちの補正は3%程ですね

検証B(二重武装+両手持ちによる補正)
検証機:
パイロット:トーマス・クルツ(格闘+9)
メカニック:ギャン(攻撃重視)
被攻撃機
パイロット:フランシス・バックマイヤー(パラメータ初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
テキサス・コロニー
その他
テンションは常に「普通」である
命中の下()内はHIT数の内訳である
・仮に
例:ウエポンA
(1HIT・・・72/291)
の場合ウエポンAのみが当たったのではなく、それに加えウエポンBが当たっている可能性がある。
検証結果
検証ウェポン 発生する補正 検証
回数
命中数 MISS数

算出命中率
1Hit 2Hit 3Hit 4Hit 5Hit 合計
腕部3連装ガトリング砲 - 500 101 96 85 74 65 421 75 4 84.2%
ビーム・マシンガン(ガーベラ・テトラ用)
腕部3連装ガトリング砲
両手持ち
二重武装
80 73 66 58 52 331 104 65 66.2%
80 67 60 54 47
検証人仮説
当たるには当たる。

両手もちにするとHIT数ごとに命中があがるのではないことからHIT数に関しては別の公式(のようなもの)があると考える

格闘兵器に関する命中率補正の検証

(2chジオンスレ情報)

検証A(適正武装による補正)
検証機:
パイロット:シン・マツナガ(格闘MAX)
メカニック:変動(格闘重視)
被攻撃機:
パイロット:旧スレッガー(回避MAX)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
トリントン射爆場
その他
各条件につき、500回ずつ行った
テンションは、双方とも常に「普通」状態
外部からは命中及び回避に関する補正(検証以外の)などは一切入れていない
検証結果
検証機 攻撃条件 検証
回数
命中数 MISS数

算出命中率
武装 固定 両方 武装 固定 両方
グフ (固定装備のみ) 500 - 376 - 45 79 - 75.2% -
グフシールド(適正◎)
※ウェポンによる攻撃のみ
398 - - 38 64 79.6% - -
グフシールド(適正◎)
※固定装備とウェポンを併用
265 129 101 45 61 52.0% 25.8% 20.2%
グフ・カスタム グフシールド(適正○)
※ウェポンによる攻撃のみ
383 - - 48 69 76.6% - -
グフシールド(適正○)
※固定装備とウェポンを併用
255 132 94 44 69 51.0% 26.4% 18.8%
ギャン グフシールド(適正なし)
※ウェポンによる攻撃のみ
377 - - 56 67 75.4% - -
グフシールド(適正なし)
※固定装備とウェポンを併用
249 133 92 49 69 49.8% 26.6% 18.4%
検証人仮説
補正◎は5%ほど命中が上がり固定武装と一緒に攻撃する場合補正率が3%程まで低下する
補正○は1%程あがり固定武装と一緒に攻撃する場合補正率が0.2%ほどまで低下する
検証B(二重武装による補正)
検証機:
パイロット:シン・マツナガ(格闘MAX)
メカニック:変動(格闘重視)
被攻撃機:
パイロット:旧スレッガー・ロウ(回避MAX)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
テキサスコロニー
その他
各条件につき、500回ずつ行った
テンションは、双方とも常に「普通」状態
外部からは命中及び回避に関する補正(検証以外の)などは一切入れていない
検証結果
検証機 検証ウェポン 検証
回数
命中数 MISS数

算出命中率
武装A 武装B 両方 武装A 武装B 両方
グフ グフシールド×2(適正◎) 500 311 309 261 90 99 62.2% 61.8% 52.2%
グフ・カスタム グフシールド×2(適正○) 300 303 244 101 96 60.0% 60.6% 48.8%
デザート・ザク グフシールド×2(適正なし) 294 287 217 108 98 58.8% 57.4% 43.4%
検証人仮説
検証Aを基本に考えると◎で5%弱。○で1%弱の上昇が望める・・・
しかし注目すべきは固定武装の時と違い二重格闘の命中率がA、B共に誤差が殆んど無いという点

防御兵器に関する補正の検証

(2chジオンスレ情報)

検証(適正のあるシールドによる格闘命中率補正)
検証機:
パイロット:トップ(回避+9)(徐々に射撃が+9になっていった)
メカニック:変動(格闘重視)
被攻撃機:
パイロット:フランシス・バックマイヤー(パラメーター初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
テキサスコロニー
その他
各条件につき、500回ずつ行った
テンションは、双方とも常に「普通」状態
外部からは命中及び回避に関する補正(検証以外の)などは一切入れていない
検証結果
検証機 検証ウェポン 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率
ゲルググM/CG (ウェポンなし) 500 262 115 123 52%
ゲルググM/CG シールド(ゲルググM用)(適正◎) 260 111 129 52%
検証人仮説
盾適正は格闘に関係しないと思われる。

カスタムに関する補正の検証

命中率に関するカスタムの補正の検証

(2chジオンスレ情報)

検証A
検証機:
パイロット:シン・マツナガ(格闘MAX)
メカニック:グフ(格闘重視)
被攻撃機:
パイロット:旧スレッガー(回避MAX)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
テキサスコロニー
その他
各条件につき、500回ずつ行った
テンションは、双方とも常に「普通」状態
外部からは命中及び回避に関する補正(検証以外の)などは一切入れていない
検証結果
検証カスタム 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率
(カスタムなし) 500 376 45 79 75.2%
リンクシステム 379 46 75 75.8%
リンクシステム×2 385 42 73 77.0%
リンクシステム×3 391 39 70 78.2%
リンクシステム×4 395 31 74 79.0%
出力リミッター解除 398 30 72 79.6%
対抗心 395 34 71 79.0%
教育型コンピュータ 358 63 79 71.6%
教育型コンピュータ×2 361 59 80 72.2%
教育型コンピュータ×3 366 57 77 73.2%
教育型コンピュータ×4 374 54 72 74.8%
教育型コンピュータ×5 381 47 72 76.2%
教育型コンピュータ×6 387 36 77 77.4%
教育型コンピュータ×7 391 35 74 78.2%
教育型コンピュータ×8 401 27 72 80.2%
教育型コンピュータ×9 407 24 69 81.4%
EXAMシステム 394 34 72 78.8%
EXAMシステム(リミッター解除仕様) 391 37 72 78.2%
伏兵 385 42 73 77.0%
暴走 380 42 78 76.0%
検証人仮説
回避にかんしては回避側の「機動、回避」が肝心であると思われる。なぜならば今までの検証全て回避は「30%前後」をキープしているから。
リンクシステムがこのままの変動率ならば「×9」で「83%前後」である。
検証B
検証機:
パイロット:エルラン(格闘+9)
メカニック:グフ(格闘重視)
被攻撃機:
パイロット:サマナ・フュリス(パラメータ初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所:
テキサスコロニー
その他:
各条件につき、500回ずつ行った
テンションは、双方とも常に「普通」状態
外部からは命中及び回避に関する補正(検証以外の)などは一切入れていない
検証結果
検証カスタム 検証回数 命中数 MISS数 回避数 算出命中率
(カスタムなし) 500 243 127 130 48.6%
リンクシステム 249 123 129 49.8%
リンクシステム×2 254 119 127 50.8%
リンクシステム×3 258 119 123 51.6%
リンクシステム×4 265 115 120 53.0%
出力リミッター解除 289 91 120 57.8%
対抗心 287 91 122 57.4%
教育型コンピュータ×9 296 78 126 59.2%
EXAMシステム 281 92 127 56.2%
EXAMシステム(リミッター解除仕様) 283 93 124 56.6%
伏兵 252 121 127 50.4%
検証人仮説
カスタムにより補正の仕方が違う可能性がある
検証C(集中砲火による命中率下降補正の検証)
検証機
パイロット:トーマス・クルツ(格闘+9)
メカニック:先行量産型ゲルググ(攻撃重視)
被攻撃機
パイロット:フランシス・バックマイヤー(パラメータ初期値)
メカニック:ジム・カスタム(攻撃重視)
場所
テキサス・コロニー
その他
テンションは常に「普通」である
先行量産型ゲルググに旧スパイクシールドと「ガーベラビームマシンガン」を装備して攻撃する
検証結果
検証条件 検証回数 命中率 MISS数 回避数 算出命中率
1Hit 2Hit 3Hit 4Hit 5Hit 合計
集中砲火なし 500 95 87 79 76 63 400 91 9 80.0%
集中砲火あり 500 85 77 68 60 49 339 106 55 67.8%
検証人仮説
通常の片手もち状態より13%程低下している