※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




ポエム【ぽえむ】

上田の兄、啓介が社長を務める会社。

僕から以上【ぼくからいじょう】

エンディングで上田の「あったかくして寝ろよ」に続いて有田が「僕から以上」と締める。
これはラグビー部顧問黒瀬の名言より引用している。

ボクサーズロード【ぼくさーずろーど】

上田が本番中にプレイするという暴挙を行ったPSPのゲーム。

細木和子【ほそきかずこ】

くりぃむしちゅーと「ズバリ言うわよ」で共演。
怒った時に「ふざけろよ~」と怒るキャラで番組最後期に弱ブレイク。

仏【ほとけ】

たとえてガッテンのテーマ「仏」が続いたときがあった。
  • #27(2006/1/24)
次回のテーマ発表で節分対決で上田チーム「鬼」、有田チーム「仏」になる。
しかし有田は「なぜ節分なのに仏?」と納得がいっていなかった。
  • #28(2006/1/31)
有田チームは不利なテーマで負けてしまう。
「仏の顔も三度まで」ネタが多かったらしい。
テーマ発表とエンディングの時にテーマを「仏」に変えられてしまいそうになるが上田チーム「プロ野球」、有田チーム「トリノ五輪」になる。
  • #29(2006/2/7)
次回テーマがバレンタイン対決で上田チーム「女性アイドル」、有田チーム「女子アナ」だったが上田がふざけて「有田チーム仏」と言ったら「じゃあ仏でいいよ」と有田が「仏」でリベンジをすると言い出す。
  • #30(2006/2/14)
意外なことに有田チーム「仏」が勝ってしまう。
有田が勝ったので「仏」を最後にしてくれと提案するが、次回も「仏」を背負うことになる。
次回テーマ発表の時、上田チーム「神」、有田チーム「仏」となった直後上田チーム「トリノ五輪女子選手」、有田チーム「トリノ五輪男子選手」となり最終的に上田チーム「トリノ五輪女子選手」、有田チーム「仏」と変更される。
エンディングで有田は「フランス(仏)」は駄目だとテーマの範囲を狭くし自分の首を絞めてしまう。
  • #32(2006/2/28)
有田チーム「仏」で連勝し「仏」を卒業することになる。
しかし次回テーマが日本代表対決で有田チーム「サッカー日本代表」、上田チーム「仏」になってしまう。
有田が上田に「仏」の辛さを知ってもらうと共に、上田が3連敗中のため2連勝している「仏」を使って勝ってくれと上田に「仏」を背負わせる。
  • #33(2006/3/7)
上田チーム「仏」で負けてしまい4連敗になってしまう。
次回テーマが有田チーム「日本映画」、上田チーム「外国映画」だったが上田が不利になってしまうので有田チーム「映画」、上田チーム「仏」に変更される。
  • #34(2006/3/14)
罰ゲームにリーチがかかった上田だったが「仏」で勝利する。
次回テーマはもともと大仏対決で上田チーム「奈良県」、有田チーム「神奈川県」だった上田チームはみそぎで「仏」、有田チームが「神奈川県」では不利になるので「47都道府県」に変更される。
上田から次回勝っても負けても「仏」は終わりにしようと宣言する。
  • #36(2006/3/28)
上田チーム2連勝。
次回テーマがプロ野球開幕対決で上田チーム「パ・リーグ」、有田チーム「セ・リーグ」だったが上田チーム「野球」、有田チーム「仏」に変更される。
  • #37(2006/4/4)
有田が「仏」で勝利する。
次回テーマが新生活対決で上田チームが「電車通学」、有田チーム「自転車通学」だったが「仏」で味を占めた有田が上田チーム「電車通学」、有田チーム「仏」にするが、上田が文句を言ったため「仏」VS「仏」で7ラウンド対決になる。
上田チームが勝ったら「仏」を最後(仏ファイナル)にすることを決定。
  • #38(2006/4/11)
上田チーム勝利で「仏」は休止になる。
最初は嫌がっていたテーマだったが、この結果に有田と上田は名残惜しそうだった。
  • #46(2006/6/6)
たとえてガッテンワールドカップ最強決定戦で上田チーム「長渕剛」、有田チーム「仏」7ラウンド勝負で早くも復活したが「仏」は負けた。

ほらね!【ほらね】

第88回において有田が提言した新しいツッコミ言葉。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。