※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




ぷ【ぷ】

くりぃむしちゅーの高校時代の済々黌ラグビー部の同級生の「中瀬」。
上田は小学生からの同級生。
盗み笑いをする。
「ぷ」に関する事件、エピソードが多い。

豚女【ぶたおんな】

くりぃむラジオの初代ミキサー。

ぶっこみ【ぶっこみ】

貪欲にウケをとりにいくこと。
特に上田をイジる時に使用される。
しかし上田は「俺はぶっこんだことなんて一度もないよ」と言っている。

ぷにすけ・パチェコのコーナー【ぷにすけ・ぱちぇこのこーなー】

『有田哲平の魂のリクエスト!』に投稿してきた「森ぷにすけ」というラジオネームから有田が着想を得、コーナー名のみ明示して投稿を募集。当初のコーナー名は『ぷにすけのコーナー』。その後3月25日に「パチェコ」というラジオネームのリスナーから投稿があったことから、コーナー名が『ぷにすけ・パチェコのコーナー』に変更された。

「『ぷにすけのコーナー』とはどんなコーナーなのかを送ってもらう」という趣旨であり、具体的なコンセプトなどについては番組側からは一切明示されないため、徹頭徹尾脈略のない意味不明な文章、俳句、「上田の母からの手紙」、構成に工夫を凝らしていたり美談を装っていたりするネタ文章、ぷにすけのおかしなアルバイトの顛末記などが次々と投稿されている。そういった多彩なネタのいずれにも「ぷにすけ」が登場するが、必ず登場させなけなければならないと決まっているわけではない。

このコーナーにおける上田は、『魂のリクエスト!』『スターダストNIGHT』等における場合と同様、有田やネタに苛立ちの表明と罵倒を繰り返す存在となっている。有田はネタを読み上げると、上田に「何ぷにですか」と評価を数値化することを求め、嫌々ながらも上田が下した評価にあわせ「では何パチェですね」と締める(たとえば上田が「2ぷに」と評価すると、「では8パチェですね」と締める。このように、「ぷに」と「パチェ」の数値の合計が必ず10になるように評価される)。なお、「ぷに」と「パチェ」がどういった価値を表しているのかは一切明示されていない。後期は「ぷに」「パチェ」に続いて、パネェ質問から「スパッツ」という数値も使われているが、こちらもどういった評価を示す数値なのかは不明である。

ブリーフ【ぶりーふ】

くりぃむしちゅーの高校時代の済々黌ラグビー部の同級生の「なかむら」。
ガゼッタ・デロ・ブッコミーノでお馴染みの「そのことについて黙っておくわけにはいかないか?口を噤(つぐ)むわけにはいかないか?」は上田ではなくブリーフの名言である。
3人目のくりぃむしちゅーであり、ブリーフの家で有田と上田が履歴書を書きくりぃむしちゅー(海砂利水魚)が結成された。
ブリーフと上田が有田を驚かそうと布団の中で裸で抱き合っていて有田を待っている間にブリーフが興奮して上田の尻を噛んでしまい上田と気まずくなる。


プリンセスチンコウ【ぷりんせすちんこう】

6代目ディレクター木之本のこと。

文化放送を聴け!【ぶんかほうそうをきけ!】

有田が壊れ、暴走し手に負えなくなると上田が言う名言。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。