archwiki5 @ ウィキ

2006/10/19打合せ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中間発表方針


3分間発表 2分間質疑応答
時間が限られているので次のように要点を絞る。

1)研究目的

 冬のUHI実態を明らかにすること。
 AMeDASでは十分な空間分解能が期待できない。
 サクラで詳細な気温分布調査を。

2)開花メカニズム

  1. サクラの開花メカニズム(簡略に)
  2. 推定式は気温の関数
  3. 休眠打破と開花

3)調査方法

  1. 調査エリア
  2. 調査時期
  3. 開花の判定方法と連絡方法

4)調査結果

  1. 開花日分布状況
  2. 近傍AMeDASと開花日の関係
  3. 気温分布推定結果

5)このほかの取り組み

  1. 気象庁データによる経年変化
  2. 周辺土地被覆と開花日との関連
  3. 課題整理