キシリトール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キシリトール化学式 C5H12O5 で表される、キシロースから合成される糖アルコールの一種。天然の代用甘味料として知られ、日本人学者「岸理 徹」が生涯を賭けた研究の末、発見された事から研究者の名前にちなんで命名された。北欧諸国で多用されている。旧厚生省は天然にも存在する添加物に分類している[2]