SCE


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SCE(短チャネル効果)

 最も簡単なトランジスタは一度のイオン注入で作られるシングルドレインという構造である。この簡単なトランジスタではゲート長が小さなトランジスタを作ろうとする問題が生じる。この現象はDIBL(Drain Induced Barrier Lowering)と呼ばれている。

ゲート電極の直下は本来、拡散層がないので抵抗も高く、ポテンシャル障壁でソースとドレインを仕切っているべきだが、ゲート長を短くしてソースとドレインを近づけたときにはポテンシャル障壁が低くなって繋がってしまう。これにより本来よりも敷居電圧が低くなる現象が起こる。これを短チャネル効果と呼ぶ。

ソニーコンピュータエンターテイメントではない。