バイオハザード5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイオハザード5(BIOHAZARD 5)は、カプコンから発売される予定のプレイステーション3、Xbox 360用ゲームソフト。カプコンは2005年7月20日に本作を発表、発売日は2009年3月5日を予定している。

概要
ストーリーは未だにほとんど明かされていないが、『ブラックホーク・ダウン』のような雰囲気であるらしい[1][2]。語られた情報は少ないものの、竹内によると『5』はバイオハザードシリーズの正当な続編となるということである[2] 。また、バイオハザード4のプロデューサーであった小林裕幸は『5』は『4』の後の物語になるであろうと語っていた[3]。

2007年7月のファミ通に掲載された竹内のインタビューでは、プレイ可能キャラの一人は初代バイオハザードの主人公クリス・レッドフィールドで、初代から10年後の話になり、2作間のブランクにおけるクリスの活動にも焦点があてられるらしい[4] 。ゲーム中でクリスはBSAAという組織の一員であり、舞台となるアフリカの架空の町、キジュジュに調査に向かったところから物語が始まる[5] 。竹内はトレーラームービーの最後に一瞬映っている旧作に関係のある女性キャラクターの存在にも言及している[5]。カプコンがネット上で公開している竹内に対するインタビューによると、アンブレラが生物兵器として開発していたウィルスの起源が絡んでくることがほのめかされている[6]。

登場人物
クリス・レッドフィールド
『BIOHAZARD/biohazard』『BIOHAZARD CODE:veronica』『BIOHAZARD アンブレラクロニクルズ』の主人公であり、今作でも主人公を務める。
『BIOHAZARD CODE:veronica』で南極基地を脱出後も、アンブレラ社を倒すべく活動を続けていた。
アンブレラ社崩壊後は、T-ウイルスによるバイオテロ根絶のため、バイオテロ対策部隊「B.S.A.A」の隊員となる。現在はB.S.A.Aの北米支部に所属している。
今作では、アフリカで発生したバイオテロ事件に挑む。
シェバ・アローマ
アフリカ出身の黒人系女性。今回クリスの相棒として任務をこなす。
バイオテロ対策部隊「B.S.A.A」の隊員で、西部アフリカ支部所属。様々な事態に対処できる柔軟性をもつ。戦闘にも長けており、銃器の扱いはクリス並の腕前である。しなやかな身のこなしで繰り出す体術も得意としている。左利き。
アルバート・ウェスカー
クリスの宿敵。『BIOHAZARD/biohazard』で、クリスの同僚であったS.T.A.R.Sの隊員たちを、生物兵器の戦闘データ収集に利用して死に追いやった。
T-ウイルスの効果で超人的なパワーを身につけており、『BIOHAZARD CODE:veronica』でクリスと再会したときも彼を一方的に痛めつけ、今作でもなおT-ウイルスによるパワーは健全である。
自身や部下(主にエイダ)の暗躍により、「T-ウイルス」「G-ウイルス」「T-Veronica」「プラーガ」と、シリーズに登場する危険なウイルスのほぼ全種を手中にしている。
今作のアフリカでのバイオテロにも、何らかの形で関わっている。
エクセラ・ギオネ
アフリカ系の女性でトライセル社アフリカ支社の社長。ウェスカーを支援する後ろ盾。
ヨーロッパでも名の通った貿易商の一家、ギオネ家の令嬢。名家で生まれ育ったためプライドが高く、自身の美貌から周囲の人間(特に男達)を見下している。
頭脳は極めて明晰であり、大学に飛び級で入学して遺伝子工学を学んだという才女。また、抜群の経営センスを持つ。
18歳でトライセル社の製薬部門の一員となり、各種ウイルスやプラーガの情報を得て社内での地位を確立し、若くしてアフリカ支社の社長に就任した。
彼女の祖母は、トライセル者の創業者一族であるトラヴィス家の出身である。
ジル・バレンタイン
あるトレーラームービーのラストで彼女の名前が刻まれた墓標があった他、カプコンのバイオハザード5のHPでは、クリスが彼女の墓標に花を供えてる画像も存在する。
経緯は不明だが、作中に死亡するかすでに死亡していたと思われる(上述の写真の墓標によると2006年に死亡しており、ロシアでのバイオハザード事件(バイオハザード・アンブレラクロニクルズ)から3年後、ヨーロッパにおけるロス・イルミナドゥスのプラーガ事件(バイオハザード4)から2年後)。