※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【異端の烙印】


呪術的な烙印を敵に焼き付けることによって、敵を異端とみなし罰する。

習得能力値:自由
行動カテゴリー:呪術投射・近接攻撃・射出攻撃
効果時間:戦闘終了時まで続く。







特性:ダイスの数や何らかの数値を減らす効果であっても、1よりも減ることはない。

〈衰弱〉
Ⅱ 「異端者」は、近接攻撃に-1dをする。
Ⅲ 「異端者」は、近接攻撃に-2dをする。
  • Ⅰレベルは無いことに注意。


〈鎖の足枷〉
Ⅰ 「異端者」の防御値は1減る。
Ⅱ 「異端者」の防御値は2減る。
Ⅲ 「異端者」の防御値は3減る。


〈混乱の面〉
Ⅰ 「異端者」の呪術抵抗値は1減る。
Ⅱ 「異端者」の呪術抵抗値は2減る。
Ⅲ 「異端者」の呪術抵抗値は3減る。






特性:以下の三つ。
①魔術属性「白」に烙印を使用できない。
②「異端者」へ「攻撃」のオプションによる難易度ロールに成功したばあい、レベルの数だけダイスを振り、成功ダイスの数だけ生命力が回復する。ダメージを受けていないばあいは、コアを1得る。ただし、機械生命体からは生命力もコアも得ることができない。
③「異端者」への効果はすべての者が受けることができる。

〈異端狩り〉
Ⅰ 「異端者」への「攻撃」の基本ロールに+1dをする。
Ⅱ 「異端者」への「攻撃」の基本ロールに+2dをする。
Ⅲ 「異端者」への「攻撃」の基本ロールに+3dをする。


〈異端からの盾〉
Ⅰ 「異端者」からの近接攻撃、射出攻撃に対する防御に+1dをする。
Ⅱ 「異端者」からの近接攻撃、射出攻撃に対する防御に+2dをする。
Ⅲ 「異端者」からの近接攻撃、射出攻撃に対する防御に+3dをする。





特性:以下の二つ。
①魔術属性「竜」だけが効果を受ける。
②「異端者」への「攻撃」に成功したばあいレベルの数だけダイスを振り、成功ダイスの数だけコアを得る。ただし、機械生命体からは生命力もコアも得ることができない。

〈獲物〉
Ⅰ 「異端者」への「攻撃」のダメージに+1dをする。
Ⅱ 「異端者」への「攻撃」のダメージに+2dをする。
Ⅲ 「異端者」への「攻撃」のダメージに+3dをする。


〈雷の連鎖〉
特性:以下の三つ。
①同じマスにいる別の目標(連鎖目標)に「攻撃」をする。
②難易度ロールの結果をそのまま連鎖目標に適用する。
③最初の目標にあたえたダメージの半分(切り上げ)を、連鎖目標にあたえる。
Ⅰ 連鎖目標に追加ダメージ+1dをあたえる。
Ⅱ 連鎖目標に追加ダメージ+2dをあたえる。
Ⅲ 連鎖目標に追加ダメージ+3dをあたえる。





コメント

名前: