※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1・確保GでないGへの指揮伝達
■指揮PTにサブG所属を(マスター含め)必ず2名いれる。補佐が必要なら3名。
■次回以降の案として、指揮PT中、指揮官とメインGマスター以外をサブG所属。

2・敵の復帰妨害時に、死んでも止めるか無理はしないか
■足止め重視。その上で相手マスターはEMC防止に優先で落っことせ。

3・割り指示が出た際に、どの職までが遠慮なく参加するか
■防衛側として、乱戦となった時は前衛全員割り参加。

4・イナバ攻め時、攻めLPからの展開を考える
■LPに乗りながらLP歩き→遠距離スキル職、VITLKなどが外に向かって攻撃。
 ガリガリガリと削る。エンペ周りにLP成功したらみんなでつっこむ!
■LP役の護衛。LPを出しやすい状況を。

5・防衛時の攻めLPに対する対応
■LPきた→教授セージLP張返し or 阿修羅ADS魂EDPSBで敵教授一撃必殺。
 (自LP残っていたらデリュージ展開などでLP消す。)
■敵教授を処理班くるまで足止めHITSTOPを。