パースと構造:Perspective and construction


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

I'm not going to have a long perspective tutorial here. Instead I'm just going to mention how much easier it gets if you make a few guide lines to align the figure/environment after as you draw.

ここでは,長々とパースの描き方について書くつもりはない.そのかわり,下書きを描いた後にでも,数本のガイドラインを引くだけでどれだけ人物や背景を揃えることがラクになるかを書こうと思う.
(訂正:数本のガイドラインを引くだけで,後々描き進めていく中で,どれだけ人物や背景のパースを揃えることがラクになるかを書こうと思う.)


If you're reluctant to do environments just because perspective is tedious to set up, you can use a simple 2 point perspective and just guess in the details. It's surprising how much easier it is to align things correctly with a few guide lines (for me anyways). It doesn't have to be perfect to appear correct. There's a risk that your designs will suffer if you can't improvise quickly and have to consult the ruler every other stroke. First draw a horizon line, then radiate lines from both ends in a random manner, then just crop and sketch away.

もしあなたが背景を描くのに気乗りしない,しかもそれがパースを引くのがつまらないから,というのであれば,シンプルな2点透視法を使い,細かいところはあて推量で良い.数本のガイドを引くだけで描いている物を揃えることが,どれほど簡単になるかを知ったら,驚くほどだから(ともかく僕はそうだった).この方法で完璧に正しく見えるようになるかというとそうではない.もしあなたが即興ですばやく描けなかったり,いちいち定規で決めて引かなければならないために,つらい思いをする危険性はある.最初は,水平線を描く.それから,両端から放射線をランダムに描く.最後に,ガイドを消しつつ描いていけばよい.
(訂正:描いている物のパースを揃えること)

柔軟 固い

Here's a few quick freehand lines helping me to align the shoulders and stuff. When drawing people, it can help to align stuff after a 'spine'.

ここに数本フリーハンドで線を引いて,肩のラインやそのほかの物を揃えるガイドにしている.人を描くときは,「背骨」を決めてから描くと体を配置するときにラクだ.



This page is translated from the original text. Original author is Arne Niklas Jansson - 2005 & 2007.

And this page is licensed under Creative Commons.

  • 校閲しました -- aki426 (2008-10-23 19:38:09)
名前:
コメント:



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。