肌色のトーン:Skin tones


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Consider the environment. The light is stronger outside, and the skin color tend to be less saturated due to the sky blue ambient light and sky blue speculars. Sometimes the skin color become shifted towards purple because of the sky blue being mixed in. This is especially true if the subject is standing in a shadow.

環境光を考えよう。屋外で光は強くて、青空の光によって肌の色は彩度が低くなる。色の混ざり方によっては紫色っぽくなることもある。これは日陰に人がいるときなどによく起こる。
(訳案:青い環境光と,青空の色を反射するために)

Indoors (no windows, only light bulbs) the light is warmer and allows skin saturation to be amped up to oranges and reds.

室内(窓が無くて電球だけの部屋)光は温かい色をして、肌の彩度を高くしてオレンジや赤にさせる。

The shadow color of the skin can sometimes wander off to greens, especially if the room have green components, like wallpaper, plants, furniture.

肌の影の部分は、たまに緑色にそれることすらある。部屋に緑色の壁紙や植物や家具があったりすると特に。

In a white room or a bathroom the skin tones would be quite pale, closer to local colors and less contrasted (shadow/light) due to lots of ambience.

白い部屋、バスルームとかでは、肌は白っぽい色になる。環境光があらゆる方向から明るく届くので光と影のコントラストが下がる。

A room with a single strong light source will probably result in near black shadows.

単一の強い光源だけがあるばあい、影は真っ暗になる。
(訳案:細かいですが「ある部屋のばあい」)

...so, the type of environment your character is placed in very much affects how you should render it.

……つまり、どんな照明環境に置かれているかで、絵のキャラの色は大いに影響されるのだ。


This page is translated from the original text. Original author is Arne Niklas Jansson - 2005 & 2007.

And this page is licensed under Creative Commons.

  • 校閲しました -- aki426 (2008-10-23 18:16:21)
名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。