露出レベル:Exposure


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The sunlight is much stronger than the skylight, which is in turn much stronger than indoor light. Our eyes adapt automatically after a while, and we can also adapt by squinting or just focusing on an object. Because we do this without thinking about it, it's hard to understand that our eyes are actually kind of limited. This limitation becomes even more obvious with cameras. If you take a picture indoors, the windows will become overexposed (bright). You might try to adjust the exposure levels to the window light, but then the indoor environment will become underexposed. This can be used to your advantage. By for example putting a character or object in the foreground where it's darker, you can make the silhouette read well against a well lit room.

太陽光は青空よりもずっと明るい。青空は室内よりずっと明るい。わたしたちの眼は明るさにすぐに順応するし、違う明るさの所をちらっと見たり注目するだけでもすぐに順応できる。
このようことは意識しなくてもできてしまうので、眼が実際には明るさの範囲にかなり限定されていることは理解しがたい。
この限定はカメラを例に取るとわかりやすいかもしれない。
室内で写真を撮ると、窓は明るすぎて露光オーバーになる。
窓の明るさに露出(感度)を調整すると、こんどは室内が真っ暗に写ってしまう。
これは便利に使うことも出来て、たとえば、キャラクターや物体を手前に配置(手前は暗い)すると、背景の明るい部屋に対して、キャラクターのシルエットがわかりやすく表現できる。
(訳案:目が実際にはかなり限定された明るさの範囲しか見れていないこと)

The exposure to light can also make parts of a body look very bright or dark, not skin tone color at all. When the shadow is dark and the lit side is overexposed, the only place for the color to go is on the edge between them.

露出度を調整することで、ボディの一部だけを明るく見せたりできる。影となるところを黒く潰して、光が当たってるところを露光オーバー(白くとばす)させると、色が見えるのは、その境界の一部だけになる。
(訳案:,肌のカラートーンからは外れた,とても明るい色に見せたり,暗い色に見せたりすることができる.)


This page is translated from the original text. Original author is Arne Niklas Jansson - 2005 & 2007.

And this page is licensed under Creative Commons.

  • 校閲しました -- aki426 (2008-10-23 18:02:46)
名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。