光について:Light stuff


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

There's really just one kind of light. It bounces. You can only see the light (photon) if it enters your eye. Light does two important things when it hits a surface. First, a part of it is absorbed. This is how colors are made. A red apple reflects mostly red wavelengths, the rest are absorbed and turned into heat or something. That's why black stuff get so hot in the sun. Anyways, the reflected light bounce away differently depending on the surface. If the surface is bumpy it will bounce away sort of randomly, like a tennis ball that hits rocky terrain. If the surface is smooth it will bounce away in a predictable path. A mirror is very smooth so the light comes back undistorted, so we can see our reflection.

光の中には、跳ね返ってくるものがあるのだ。目に見えるのは、最終的に目に飛び込んだ光だ。
光が表面にぶつかるとき、二つの重要なことが起こる。
一つは、光の何割かは吸収される。これは色ができる理由。赤いリンゴは赤い波長の光を反射して、他の波長は吸収されて熱とかになる。だから暗い物体は太陽の下で熱くなる。
もう一つは反射。反射した光はランダムな方向に飛んでいく。凸凹の岩の上でテニスボールを落とすと、ランダムな方向に弾むようなもの。床が平らなら予想どおりの反射をする。鏡はとても平らなので、光はひずむことなくまっすぐ反射するので、わたしたちは「鏡像」を見ることができるのだ。

Note that all surfaces have speculars, because speculars is just reflected light. It's just more broken up/diluted on dull surfaces.

注意してほしいのは、すべての表面にはツヤがあることだ。ツヤは反射光なのだ。マットな素材面では、ツヤは崩れたり薄まったりする

点光源からの光沢 「OPPAIじゃないよ」 テカテカ面
青空からの光沢 くすんだ面
表面のタイプ
鏡・プラ・金属・磨いた面 オレンジ・デコボコ 濡れた肌(水でコートされてる) つやつや
ゴツゴツ・磨いてない面(石とか) 綿布・紙 マットな面
光沢が作られやすい場所
シャープなエッジ 角のとれたエッジ くぼみ くすんだ面


Depending on where the eye/beholder is, it'll see different light and different specular spots on a curved surface such as this. A puddle isn't curved (other than the edges because of surface tension) so you'll only get a shiny reflection from a certain point of view. Point speculars can only appear in an environment where there's a point light source, like a sun, lightbulb or small window.

眼(見る人)の位置に応じて、光源方向やツヤが違って見える例。
たとえば水たまりの表面は曲がっていないけど(表面張力によるエッジ部分は除く)、輝いている反射をある特定の点だけに見るだろう。
点になった光沢は、光源のある場所にだけ見える、太陽とか電球とか小窓とか。
(訳案:点光源が1個だけの場合に)






Photo - Speculars do exist on cloth, diluted and subtle. I stretched out my shirt sleeve with two fingers to get a flat surface between the two marked dots (I moved the camera and not the sleeve).

光沢は布にもある。微弱だけど。この写真は私のシャツを指で引っ張って、平らな面を二つのドットのところに作ってる。二つの写真はカメラの位置が違うだけで、服は動かしてないよ。



Here on earth we have lots of stuff around us that the light can bounce off, so things here are more or less lit from all angles. For example we have the sky which is like a dome shaped blue light source. Then theres the ground, walls and other surfaces. In space there's basically just one light source, the sun. This is why the moon just has a lit and shadowed side, and looks kind of flat. If you looks carefully however, you can see earthlight on the shadow side of the moon, but it's very weak. Then there's starlight, which I guess is even weaker.

地上では身の回りにあらゆる物があって、それらは光を反射してくる。
つまり、多かれ少なかれあらゆる角度から光が反射されてくる。
例えば,空というのはドームの形をした青い光源のようなものだ.
地面があって、壁があって、他にも色々表面がある。。
宇宙空間では、基本的に単一の光源、太陽、しかない。
そのせいで、月は明るく照らされてるところと、陰になってるところが一カ所しかない。
ただし陰になってるところよくよく見ると、地球からの反射光で照らされてることが分かるかもしれない。とっても弱いけど。もちろん他にも星の光があるけど、たぶんそれはもっともっと弱い。
(訳案:それぞれ1箇所ずつしかなく,(球ではなく)まっ平のようにも見える)

When light hits a surface and bounces, it also change color. If it hits another surface of the same color it bounced off, it will make that surface look even more saturated.

光が表面に当たって反射するとき、光の色も変わるのだ。
反射した光がさらに同じ色の表面に当たったら、その表面の色はより鮮やかになる。


赤い壁から反射してきた光。赤い光が「加算」されるので、暗くはならないよ!
光が反射を繰り返すのを考えると、肌と肌の間では色が鮮やかになる。
(訳案:元の陰の色よりも暗くはならないよ!)

屋外 屋内 太陽光と青空は暖色と寒色
もし宇宙なら、、、 オレンジすぎる!影はたいてい彩度が低い


(Too orange to be some sort of skintone anyways.)

(肌にしちゃあちょっとオレンジすぎるかもだけど)


This page is translated from the original text. Original author is Arne Niklas Jansson - 2005 & 2007.

And this page is licensed under Creative Commons.

  • 校閲しました -- aki426 (2008-10-23 17:49:18)
名前:
コメント:



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。