前書き:Foreword


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

I believe there is logic behind why a picture works or not. I also believe that humans are meat machines, and that one day computers will be able to emulate humans and what we do. Since logic can be formulated into rules, guidelines and theories, these can be shared. I will attempt to do so here.

絵が上手くいくかどうかにはロジックがあると思う。人間というのは「マシン」だと思うので、いつかはコンピューターがエミュレートする日が来ると思う。ロジックは順を追って説明することができるので、ルールやガイドラインやセオリーとなる。これらは他の人とシェアすることができるはず。それがここで私がやろうとしていることだ。
(訳案:「マシン」→「肉でできた機械」)

Note that I have just empirically deduced the theories I present here, and that I'm a highly fallible meat machine. At some point a painting is good enough and our personal preferences and limited human cognitive and intellectual abilities will not notice or care about imperfections. As we learn more about art, we might start noticing more and more discrepancies (and become grumpy in the eyes of others).

注意して欲しいのは、ここで紹介するセオリーは私が経験的に引き出した物にすぎないこと、そして私はあまり当てにならない「マシン」だということだ。ある時点までは、絵は完璧な模写じゃなくてもうまくいく。各自の嗜好に寄るけど、その不完全性はあまり気にならないだろうし、人間の認知能力ではそれに気づかないこともある。絵についてもっと学んでいくと、その不完全性がどんどん気になるようになるかもしれない。(そして気むずかしい人だな、と一般人の目には映るようになるかも)
(訳案:とても当てにならない) /(あまり)→(かなり)に変更希望/kowa
(訳案:模写とは書かれてない) /(最後のdiscrepancyに引っ張られました。絵とリアルとの差のことだと暗に言っていると)
(訳案:「各自の嗜好に拠り,また人間の認識力や知能には限界があるため,その不完全性には気づかなかったり,気にならなかったりすることもある」以後訳のスタイルも変わるので後半も異なる)

Many rules also play against each other and may cancel each other out, or become invalidated because of a stylistic approach . What I will elaborate on here is just the very broad basic rules that most of us seem to agree on. Aliens might find the part about the cold (sky) shadows and warm (sun) light confusing... not to mention the part where I'm talking about human figure.

多くのルールはまた、互いに関わり合って、場合によってはキャンセルし合うこともある。、あるいは無効になるかも、様式的(デフォルメとか)なアプローチでは。ここで詳しく述べることは、ただ、とても汎用性の高いルール、私たちの多くが同意するだろうもの。宇宙人がいたら、ひょっとしたら冷たい(空の)影と、温かい(太陽の)光というのは意味不明かも。。。。それはさておき、ここでは人間の絵について話すつもりだ。
(訳案:互いに対立したり,)

The far most useful critique I can give developing artist is:

Practice. Make studies of everything with every media. Yes, that also means drawing stuff you hate. So what is this tutorial for if you all you need is practice? Well, I think there are a few things that it helps to know early on, but you won't see any improvement from just having read the tutorial. It will no doubt take you a while to digest everything I've written here, so you might need to come back to the text with a few months separation.

初心者アーティストへ、なにより効果的な忠告・・・は、

「練習しろ」

すべてのことをあらゆる画材で学ぶこと。そう、それはあなたが忌み嫌うことでもある。しかし、あなたに必要なのが練習だけだとしたら、このチュートリアルは何の意味があるんだろうか? いや、思うに多少あると思うんだ、初期段階で役に立つことが。もちろん、このチュートリアルを読むだけでは何の進展も無いと思う。ここで私が書くすべてのことを飲み込むのには、しばらく時間が掛かるのは間違いない。数ヶ月経ってまた、この文書に戻ってくることになるかもね。



This page is translated from the original text. Original author is Arne Niklas Jansson - 2005 & 2007.

And this page is licensed under Creative Commons.

  • 校閲しました -- aki426 (2008-10-23 04:37:11)
名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。