色彩:Hues


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The human body has a lot of different hues. Parts covered by cloth gets less tan. Mons pubis, the hip bone area and the chest is quite pale.
The shoulders and lower arms gets a little extra tan. The inside of the lower arm is often pale however. The kneecaps and elbows have a little darker skin.
The face also has a lot of hues, such as rosy cheeks, males might have grey or almost green jaws because of stubble. The best way to learn the hues of the human body is to make studies of course. Don't forget that animals, monsters and objects also have hues. If you paint everything with the same hue and saturation it will look boring.

人間の体は,たくさんの異なった色彩をそなえている.衣服に覆われている部分は,ほとんど日焼けしていないものだ.恥丘,坐骨の周り,それから胸のあたりはかなり青白くなっている.
,前腕はほんの少し日焼けしている.前腕の内側は普通日焼けしていないものである.膝頭や肘はすこし黒ずんだ肌色をしている.
顔もまた,たくさんの色彩 *1 を持っている.たとえばばら色のほほだとか.男性の場合は無精ひげのためにグレイや,ほとんど緑色のアゴになっていることもある.人間の体の彩りを知るのに最善の方法とは,もちろんそれを研究することである.動物や,モンスター,その他の物体も様々な色彩を持つことを忘れてはいけない.もしあなたが同じ色相と彩度で全てのものを描いたとしたら,できあがったものは退屈に見えるだろう.
(訳案:さすがにまずいので「股間のあたり」にしますか)
(訳案:肩の首周り)
(訳案:信号機の「青色」と同じように,海外だと長島監督のアゴは「緑色」と表現されるのかもしれません.ので,「青白いアゴ」の方がいいかもしれない)

Some hues are due to ambient and reflected light. The shoulders and surfaces pointing up can get a blue hue because of the sky reflecting.

いくつかの色彩は,周りの環境のために光を反射している.肩や,露出している表面 *2空が写り込んでいるために青色の色相になっていることもある.
(訂正:環境光や反射光に影響をうけている色もある.)
(訂正:上を向いている面(肌)は)


Saturated gradients - The gradients between the shadow and light is not just an in-between color of the shadow color and light color. If the shadow and light is just blended, it will look very lifeless. If you look at pictures you will see that the gradients is saturated. It's especially easy to notice if you remove that saturation.

彩度による階調 - 明暗の間のグラデーションは,ただ影の色と光の色との間の色になっているわけではない.もし影と光を単純に混ぜ合わせたとしたら,生気の欠けた色に見えることだろう.もしあなたが写真を見れば,あなたはグラデーションが彩度によるものだということが分かるだろう.彩度を考えに入れていなかったかどうかが,とても簡単にわかるだろう.


Sub-surface scattering - Strong light can penetrate the surface of some materials and bounce around, then exit again. This will increase the saturation and make the surface look illuminated from the inside. In the case with human skin, we sometimes see it on hard edges between light and shadow.

表面下の光の散乱 - 強烈な光は素材の表面を透過し、まわりに跳ね返り、それから外に出てくる場合もある。この現象により、彩度は増加し、内側から光っているように見える。素材が人間の肌だった場合、強い光と影の間のはっきりとした境界線上に、ときおりこの現象を見ることができる。





Photo - Leafs are gloss on the top side which means there can sometimes be a sky blue specular here. The light shining thru the leaf makes the bottom side more saturated, this is also true for ears and fingers, which can turn super red when heavily backlit.

写真の説明 - 植物の葉は上側は光沢があり、この部分は時により青い空が写り込むことがある。葉を透過した光の輝きは、下側をより彩やかに見せる。この現象は耳や指などでも同じように起こり、強いバックライトであれば真っ赤に見えることもある。


Photo - Sub-surface scattering on the fingertips. The light on the left side of the thumb is probably light reflected off the index finger.

写真の説明 - 指先の表面下の光散乱の例。親指の左側からあたっている光は、おそらく人差指から反射してきた光だろう。


Photo - Note that the edge only appear if the light is overexposed. It does not as pronounced on the thumb.

写真の説明 - ここで注意すべきなのは、光と影の間の鮮やかな境界線(edge)が現れるのは、露光が過度になっている時だけである、ということ。親指のあたりにははっきりと現れていない。


This page is translated from the original text. Original author is Arne Niklas Jansson - 2005 & 2007.

And this page is licensed under Creative Commons.

  • 校閲しました.訂正箇所を明示したほうがいいと思って直接訂正するのはやめました. -- aki426 (2008-10-23 18:31:27)
名前:
コメント:



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。