赤槻春雄の自己中(仮) 化物語第二話の感想と演出のまとめ
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

化物語第二話


はてさて、待望の第二話ガハラさんのシャワーシーンが見られたわけですが、今回も謎の多い表現ばかりでした。

はじめの文字のラッシュ

勝手ニ助カル―ダケ。
忍野ハイツモ、サウ云フノダッタ。
コンナノハ知ツテヰルカナ?
オ嬢チャン。
海外ノ昔話ナンダケドネ。
アルトコロニ、一人ノ若者ガヰタンダ。
善良ナ若者サ。
アル日、若者ハ、
町デ不思議ナ老人ト出會フ。
老人ハ若者ニ、
影ヲ賣ツテ呉レツヤウニ
頼ムンダ。
「影ヲ?」
サウ。
オ日様ニ照ラサレテ、
足元カラ生ジル、此ノ影ダ。
金貨十枚デ賣ツテ呉レ、トネ。
若者ハ躊躇無ク、賣ツタ。
金貨十枚デ。
「……其レデ?」
其ノ若者ハ、
自分ノ影ナンテノハ、
金貨十枚ノ價値ヨリ大事ダトハ、
迚モ思ヘナカッタンダ。
ダッテソウダラウ?
影ナンカナクテモ、
實質、何モ困リヤシナヒンダカラ。
不自由ハドコニモ生ジナイ。
忍野ハ身振リヲ加ヘ乍ラ、話ヲ續ケタ。
然シ、其ノ結果、ドウナツタカ。
若者ハ、住ンデヰタ街ノ住民ヤ家族カラ、
迫害ヲ受ケテシマフンダ。
周圍ト不調和ヲ起コスコトニ成ル。
影ガナイナンテ不気味ダ―ト言ハレテネ。
若者ハ、
影ヲ返シテモラハウト老人ヲ探シ度ケレド、
幾ラ探シテモ、ドンナニ探シテモ、
其ノ不思議ナ老人ヲ、
見ツケル事ハ出来マセンデシタ―トサ。
チャンチャン。