※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

探偵(職業探偵でなくても可)と、助手(職業助手でなくても可)
殺人事件現場にて

「だからどうして君はそうわからずやなんだ!」
「君のために言っているんだ」
「そりゃどうも。君からすれば、僕なんて頭ののろい古臭い人間だろうよ!」
「そんなこと言ってないだろう」
「言ってるじゃないか!」
 自分と比べて冷静な彼の取り澄ました顔が、こういうときは憎らしい。
「君が素晴らしい頭脳の持ち主だってことは認めるよ。でも僕だって子どもじゃ…」
「シッ」
 彼が唇の間から素早く音を発した。
 人差し指を唇に当てたポーズに、僕は口をつぐむ。
 彼が足下の地面に視線を落としている。
 獲物を見つけたアフガンハウンドのように目を輝かせ、きゅっと口を引き結ぶ。
 いつもは、蝋人形のほうが血色がいいくらいなのに、こうなった彼の頬は赤みを帯び、生命力に満ちている。
 彼がなにかを見つけたのだ。
 僕のような凡人には分からない、微細な証拠を。
 こうなった彼は何を話しかけても聞く耳を持たない。
「…これは……だから…」
 地面に膝をつき、調べ始める彼から、僕は2歩ほど後退る。
 うかつに歩き回って、彼の求める証拠を台無しにしたくない。
 そして僕は、数十歩の先に転がっている死体に目を向けた。
 冷たい石畳の上に横たわり、虚空を見つめる青い瞳に痛ましさを覚え、そっと目を伏せた。
 僕にできるのは、彼女を殺したのが誰か、突き止める彼の手助けをすることだけ。
「……くん、……君」
 呼びかけられてハッとした。
「もう来ていい。被害者を見てくれ」
 そうだ、僕にできる仕事がある。
「わかった」
 頷いて、僕は彼女のそばに歩み寄った。