※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンビニ店員

俺とあなたは店員と客。
近くにいられるのはコンビニのレジを打ってる間だけ。

袋を渡すときに「ありがとう」って言ってくれるあなたに、その一言がどれだけ嬉しいか伝えたい。

お釣りの小銭を募金したあなたに「ありがとうございます」って言ったときの、照れたような笑みが忘れられません。

あなたが来るのが待ち遠しくて、あなたがいつも見ている棚を綺麗に整理しています。
綺麗に並んでいる棚を見て、あなたが嬉しそうに微笑むから。

あなたが深夜によく来るから、シフトも変えてもらいました。
少しでも話すチャンスが欲しいから。

「あの、すみません」
「はい、なんですか?」
「お釣りまだ貰ってないんですけど…」
「あっ!すみません!」

少しでも話したくてわざとミスをするのも、何回目かわかりません。
何回もミスをするのに、いつも俺のいる時間帯に来店されるあなた。
俺がミスしないと不思議な顔をするあなた。
俺の苗字を覚えたあなた。
誰もレジにいないとき、俺を呼ぶあなた。

……少し自惚れても、よろしいでしょうか。