※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そろそろ手袋買わなきゃなぁ

「そろそろ手袋買わなきゃなぁ」
 色付き始めた、ケヤキの並木道。
 そこを幼馴染みの彼と歩いている時に、耳に独り言のような言葉が滑り込んできた。
 視線を向けると、彼は寒そうに首を縮め、手に息を吹き掛けている。それに微笑ましいものを覚える。
「お前って、手冷たいもんな」
「だから、冬って嫌いなんだよ‥‥‥。霜焼けとかなるしさ」
 寒さで赤くなった頬とか、鼻をすする仕種とか、そんなのを可愛いって思ってるなんて、お前は知らないんだろうな。
 息を吹き掛けつつこすり合わされる手を掴み、ダッフルコートのポケットの中に引き込む。
「こうすれば、暖かいだろ」
 びっくりしたようにこちらを見ていた彼は、はにかんだように微笑み
「うん」
と、短い返事を返してくる。
 そうして半ば強引に、家に帰るまでポケットの中で手を繋ぎ続けた。色付いた葉よりも赤い、彼の耳たぶを見つめながら。