※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

尊敬する上司

「あの、部長…ちょっと…いいですか?」
「ん?どうした」

昨夜俺は、信じられない現場を目撃してしまった。
入社以来ずっと俺に目を掛けてくれていた部長、その部長が…。

「ぶ、部長…ゆうべ、駅前に、いらっしゃいましたよね…?」
「え?…あ」
「俺見ちゃったんです、部長が、その…ホ、ホテルから出てくるの」
「…そうか、あー見られちゃってたか…」
「しかも相手の人って…お、男の、人で…」
「ん。そう、だね」

どうして、男なんかと。
奥さんもお子さんもいて、幸せそうな家庭で、仕事も出来て、部下に優しくて、頼りがいがあってでも時々お茶目で。
尊敬して崇拝して憧れてた部長が…男と…。

「どうして!あんなの見たら俺、俺っ!」
「うん、軽蔑しただろうね…」
「俺…あ、諦められない!!です!」
「え?」
「だって、部長には奥さんもいて、お子さんもいて…だから俺…っ」

もう、人生終わり。
あ…会社も辞めなきゃな。
でも、だったら。言ってやる、軽蔑すればいい、失望すればいいよ。俺の言葉をくらえよ、最初で最後の下剋上だ。

「俺は!入社してからずっと、ずーっと!部長が、好きなんです」

さよなら部長。

「………に、似てたから」
「へ?」
「君に、似てたから…あの子」
「…はい?」
「だからーそのー、えぇと……僕も、好きだよ。君が」

えぇぇぇぇえええ!!?
まさかの、まさかの!?天変地異だ前代未聞だ異常気象だ突然変異だ。
どうしよう。
どうしよう。
嬉しくて、死にそうだ。

「君にそんなこといってもらえるなんて…僕、恥ずかしくて死んじゃいそうだ…」
「…俺もです」

障害なんて、この先いくらでもあるんだろうけど、今はもう、そんなのどうでもいいや。

「好きです」
「うん、僕も」
「あ、部長ってタチですかネコですか?」
「……げ、下剋上は、よくないと思うよ…?ほら僕、上司だし」
「でも俺、部下ですから。部長には、ご奉仕しないと」

了。