※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小動物系ヘタレ受け

「ったく……何で俺まで来なきゃ無いんだよ」
ぶつぶつと文句を言うと、背中のシャツがぐいと引っ張られた。
俺のシャツにしっかりと掴まっている幼馴染が、上目遣いで俺を見上げる。
「ご、ごめんてば。だって、怖いし……」
プルプルと震えながら体を縮こまらせるその姿は、まるでハムスターのようで、
俺はうっかり可愛いななどと考えた。
あわててその考えを振り払い、俺はあきれたようにため息をついて見せる。
「夜の学校が怖いとかって。お前何歳だよ。本当に俺と同じ歳? 本当に男か?」
「うう~~……」
「一人で取りに来るのが怖いなら、プリント忘れたりするなよ」
「だって、明日が提出だって忘れてたんだもん……」
「せめて暗くなる前に思い出せ」
更に大きくため息をつくと、相手はすっかりしゅんとして俯いてしまった。
そのまま会話が止まってしまって、少し言い過ぎたかな、と俺は僅かに後悔する。
何か声を掛けようと、口を開いた瞬間、足音だけが響いていた夜の学校に、水滴が滴る音が響いた。
「っぎゃーーーーーー!!」
「おわ!? ちょっコラ、しがみつくな!!」
「だってだってだって!!」
「蛇口から水が垂れただけだろ!! 落ち着け!!」
力いっぱい飛びついてきたその体を何とか受け止め、震える背中を落ち着かせるように撫でてやる。
「大丈夫だから……俺がついててやるから」
「ほんと?」
ようやく顔を上げたその瞳にはうっすらと涙が溜まっていて、その表情にどきりと俺の心臓が跳ねた。
ああもう、昔っから、俺はコイツには弱いんだ。
「ああ。何があっても、いつでも俺はお前の傍に居るから」
「……うん。なら、何があっても大丈夫だよなっ」
あっという間に笑顔になったその顔を見て、俺は苦笑するしかできなかった。