※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

言いなりわんこ×女王様

 これが今回の報酬、との言葉と共にテーブルに置かれた布袋は重たい音をたてた。
「いつもありがとうございます」
 袋の中身を確認し、懐に納める。
 一連の動作を眺めていた青年は、ほう、と優雅に溜め息をついてグラスに口をつけた。
「それで」
 今彼が飲むトカイワインのように甘ったるい声に呼ばれ、男は身を固くした。
「…もう、必要ないんじゃありませんか?」
「だめだ」
 即座に返される否定に身をすくめる。
「だってあなた…もう充分に楽しまれたでしょう…それに私だって…」
「君だって?」
 射すくめるような視線に言葉がつまる。
「…あんまり危ない橋は渡りたくありませんし」
 からからと彼が声をあげる。
「君とても楽しんでいたではないか。ずいぶんといい思いをしたのだろう?」
 ぐ、と言い淀むのを、楽しげに見遣ってグラスを煽った。
「ですが…これ以上は…相手が大きすぎます」
「ふふ…」
 妖しげに微笑み、目を細める。
 早くここから逃げ出したいのに、頭の一部が痺れたように麻痺している。
「では、こちらは?」
 高価な靴を行儀悪く足先で脱ぎ捨て、白いストッキングにくるまれた足を差し出す。
 ゆったりと足を組みながら、見せつけられるその白さにくらくらする。
 形のよいふくらはぎに何度口づけただろうか。
 足の甲にキスした感覚も、綺麗に手入れされた足先の形も、嫌というほどよく知っている。
「…ご冗談を」
「私が冗談を口にしたことがあったか?」
「…いいえ」
 どれほど驚愕させられる内容でも、彼の言葉は常に事実だ。
 しかし真実ではない。
「…お望みは、私じゃないんでしょう?」
「今は君さ」
 伸びた足先が男の足の間を撫であげる。
「今は…ですか」
「不満かね」
「……いいえ」
 王者のように君臨する彼の前に膝をつく。
「あなたの、お望みのままに」
 くす、と満足そうに彼が笑った。