※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

星の王子さま

十一月十七日(木) 晴

あいつは不思議で、変わり者だった。もうそれくらいのことしか思い出せない。
子どものくせにインテリを気取っていた僕も、傍から見れば十分に変わり者に
違いなかったのだろうが、しかしながらその僕から見ても、いや、その僕から
見れば余計に、彼は変わっていて不思議だった。
思い出すだに懐かしい。
損得でしかものごとを捉えられない、嫌な大人のミニチュアだった僕を、あいつは
笑いながら粉々に砕いていった。

嗚呼、今、彼はどうしているのだろう。
元気でいるのだろうか。元気でいてほしい。

そして出来ることなら、彼に今の僕を見せてやりたい。
物語など古文・漢文・英文しかまともに目も通さない学生だった僕が、今こうして
この生業で大成している、この姿を。
すべて君のおかげだ。ありがとう。

今日の午後、図書館で久々に手に取ったあの絵本に出てくる王子に、あいつは
どこか似ている。
彼が僕を作り変えたのだ。不思議な少年が、飛行機の操縦士にそうしたように。
彼は、きっと僕にとっての「星の王子様」だったのだ。

そして、そして、そして……―――いや、これ以上はあえて言葉にはすまい。

日記など酔いにまかせて書くものではないな。
今日はもう寝よう。明日の朝、二日酔いにならないことを願う。

―――ある小説家の日記より