※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最後のひとつ

「あ、最後のひとつ」
「お前食べていーよ、俺結構食べてるし」
ホラ、と袋ごと差し出された最後のお菓子をじっとみつめた。
だんだん暖かくなってきた春の午後に、講義をサボって
大学の屋上で談笑しながらお菓子を食べている。
しかも好きなやつと。俺はなんて幸せなんだろう。
視線をお菓子からヒロに移すと、なんだよ、と言いたげに笑われた。
こんな笑顔ひとつに切なくなる。どうしようもなくヒロが好きだ。
「あー、えっと」
なんでもない、そう続けようとした口が別の言葉を言いそうになる。
「……ヒロ、俺、お前がす」
「なに二人だけでお菓子食べてんのずるいおれも呼べよバカ!」
言いかけた瞬間、目の前のお菓子の袋から最後のひとつを
奪っていった手があった。
驚いて顔を上げるとそこには、奪っていったお菓子を食べながら
不満そうにしている見知った顔があった。
「裕か、だってお前大学来てなかっただろ?」
「メールしたじゃん! ヒロ見てなかったわけ!? ひどい!」
裕はふざけながら大げさに悲しんでみせる。
そんな姿に笑いながら、大げさだろと言おうとした。
「昨日はあんなにらぶらぶメールしたでしょ~?」
「え」
「バッカお前、浩介がいるところでそんなこと」
言ってからヒロは墓穴を掘ったことに気がついたらしい。
いつもの調子で、バカなこと言ってんなよと笑い飛ばしてしまえばよかったのに。
「……付き合ってんの?」
「あー、まあ」
「昨日からね!」
裕はそう言って真っ赤になって俯くヒロの肩を抱いて、俺に向かってピースサイン。
「なあんだよ、早く言えよ、良かったな」
最後のひとつよりも先に、ヒロも奪われしまっていたようだった。