※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

叔父×甥

「馬鹿か、おい!」

焦った俺の声に良夫がニヤリと口元を歪める笑いを浮べる。

「だって、叔父さん言ったじゃん、俺が18になったら…って」

ベットの上に寝転んだ俺。
俺の上に重なる良夫。
確かに言った覚えのある台詞に俺はぐうの音も出ない。
あれは、まだ幼稚園の可愛い「よっちゃん」良い子の「よっちゃん」だった時代の話。

「俺を、貰ってくれるんだろ?」

夕焼け空の下、帰ってこない俺の兄貴を待つ間に交わした約束。
寂しい子供が零す、うちの子になりたい、の台詞に
18歳になったらうちにおいで、と答えた。
お前をうちの子にしてあげるから、と。
…確かに答えたけど。

「叔父さん、言ったろう?男は約束を守るもんだって」

耳元に熱く、吐息と共に注がれる言葉に、腰が浮き立つように熱を持つ。
そう、俺が言った。
俺が、兄貴や義姉さんの代わりに育ててきて、男は一度言ったことを違えるんじゃない、と。
低い声に節ばった指…。
身体を辿る繊細な指の動き。
不敵に笑う、その表情…。
…見事に、俺好みに育ちやがって。

「いつか、お前が他の誰を選んでもいいようにしてやったのに…」

18歳までの猶予は、俺の為だけじゃなく、お前の為でもあったのに。
身体の上に乗る相手の腰に腕を回し、そのまま、抱き寄せると、一息に上下を入れ替える。

「…へ?」
不意を点かれて、何の抵抗も無く、俺の下にいるお前の目が幾度か瞬きを繰り返した。
小さな頃と目元は変わらない。
同じ目の形。

「な、何でこうなんの?」

やっとのことで声にする良夫の腰から背筋を辿り、脇を這って、指を胸から腕へ…。
誰を選んでもいいようにしてやったのに、お前が俺を選んだんだからな?

「お前のオムツを替えてる頃から、こっちは俺の役目だろ?」

やんわりと手を握り、そのまま、頭上で纏め上げた。。

「安心しろ、大事にするよ」

触れた唇は
子供の頃に戯れでした口づけよりも僅か高い温度で
確かに俺とこいつを繋いでた。