※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

早漏

「アイツ超早漏! 顔がよかったから付き合ってみたのに、マジありえないんですけど~」
「でも、お前アイツとまだ付き合い始めたばかりじゃ…」
「連れて歩くにはまあまあでしょ? クリスマス近いし、今狙ってる男落とせるまではキープしとくって感じ。
それにさー、早漏だけじゃなくて童貞だったし。なーんか一緒にいてつまんないんだもの」
俺に向けてくれた彼女の優しい微笑みが、たぶんどこかから演技だったと知ったある日の放課後。
下校時間が過ぎた廊下に響き渡る彼女の声は、まぎれもなく俺が好きになった彼女のそれ……
不幸中の幸いか、廊下にも教室にも、彼女とその話し相手、そして俺の他には誰もいないようだった。
教室のドアをあけることどころか、微動だにできなかった。
ただ、その隙間から漏れる彼女の声と、それを諌めるような誰かの声を黙って聞いていた。
指の先から全身が冷たくなっていくような気がした。

それから、記憶がなかった。逃げるように走っていたのだけ覚えてる。
気づいたら家のそばの公園のベンチに座ってた。
朝の天気予報が今日の寒さは今年一番のものだと言っていたのに、コートは教室に置いてきていた。
心身ともにこのまま凍ってしまうんじゃないだろうか。
心が冷たい、体も冷たい……
他人事みたいに考えていたそのとき。
「うわっ!!」
「……何してんの」
突然首筋に熱いなにかが触れ、思わず振り向いた。同じクラスの村上だ。
「コーヒー。寒いだろ?」
そのなにかは、ホットの缶コーヒーだった。
これ、俺の好きなヤツ。
文化祭の準備んとき、一緒に買い出し言ったとき話したの、村上、覚えてたんだ……

村上が隣に座って、俺はコーヒー飲んでて。しばらく沈黙が流れてた。
「なあ」
ぼそぼそと、呟き始めた声に顔をあげた。
「ユミさ、俺の幼馴染なんだ」
ユミ。俺の付き合ってた彼女の名前。
「さっき、お前聞いてただろ?」
「な、なにが?」
咄嗟に誤魔化そうとしても、どうしても動揺が顔に出てしまう。
「教室で。ユミ、あいつ中学入ったころからあんな感じんなっちゃってさ。…気にすんなよ」
「気にしないとか、できるわけないだろ!」
怒鳴ってしまってすぐ後悔した、村上が悪いわけじゃないのにって。
でも、ユミは初カノだった。高校二年にもなって、ようやくできた彼女。頭がいっぱいだ。
確かに俺も、途中から年相応に「彼女」がほしかったのか、ユミが好きなのかわからなくなってた。
「くそっ」
舌打ちをしたのは俺じゃなかった。
「なんで俺黙ってたんだ。……知ってたのに!」
「……でも…俺早漏だって。一緒にいてつまんないって。自覚なかったわー…」
はは、と乾いた自嘲の笑みが漏れてしまった。ダサい。
「俺、お前と一緒にいて楽しいけど」
「そんな、フラれたばっかの俺にフォローとか逆にむなしくなるからやめろよ」
「緊張してたり、相手への気持ちが真摯だったりすれば、早くなんのだっておかしくないことだよ」
「だからやめろって」
「好きなんだって!」
「へ?」
「お前が好きなんだよ! 俺は! だから怒ってんの!」
ふわっと暖かい空気がうごいた。……村上に、抱きしめられてた。
なんだこれ、心臓がすごい速さなんだけど。こんなん、彼女と一緒にいてもなったことなかったのに。
俺、ヘンタイになったのか? で、村上は? ホモ?
?が頭んなかいっぱいに浮かんでは消えたけど、途中から何も考えられなくなった。
どうして、いつのまに……
「……見せてよ」
「?」
「ユミに見せてないお前の顔、見せて。早いんなら、その分何度でもしてやるから」
「バカかお前!!」
後頭部を思いっきり張っ叩いてやった。

気づいた時には、もうどこも、冷たくなかった。