※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

片思い同盟

空気が乾燥しているのか喉が少し痛い。
誰もいない教室。静まり返った空気に咳払いが響く。
並んで座っている級友が照れ臭そうに笑う。
視線の先は俺じゃない。とても穏やかな眼差しだった。

「望はこれっぽっちも無いけどな」
放課後、いつもの雑談は教室から人がいなくなるにつれ、思わぬ方向に転がった。
彼が長い間、一人の女性に片思いをしていると打ち明けられた瞬間、
俺はどんな顔をしていたのだろう。
どんな顔だって構わない彼の視線の先に俺はいない。

「でも望は無いんだ。兄貴の彼女だし」
そう吐き捨てた彼に、どんな言葉も届かないような気がして
掠れた声で「そうか」と呟くのが精一杯だった。

「お前はいないの?好きな人」
「いるよ」
「誰?」
「言わない」
「そっか」
「お前と同じだよ。完全な片思い」

「そうか、なら振られた時には慰めてやるよ」
「お前が振られたら俺も慰めてやるよ」
「じゃあ俺達、今日から同盟だな。片思い同盟」
「なんだよそれ」

冗談めかして彼が差し出した右手を軽く叩いて二人で笑った。
その瞬間、止まっていた時間が流れ出したように
廊下の向こうから同級生達の騒がしい声が近づいて遠ざかった。
彼が大きく伸びをしながら「どっちが先に忘れられるか競争するか?」と立ち上がる。
俺は「そうだな」と気の無い返事をしながら彼に倣って体を伸ばした。

忘れる事なんて出来るはずが無い。
今、目の前にいる片思いの相手は何年経っても
いつまでも俺の心に残り続けるだろう。

忘れる事なんて出来るはずが無い。
俺もお前も。
この苦しいくらい真っ直ぐな気持ちは紛れもなく恋なのだから。