※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

顔が唯一のとりえだろ?

「貴様いい加減うっとうしいぞ」
今日も今日とて姿身の前に立ち、己の美しさを存分に堪能していたところ、
同僚であるむさ苦しい男が声をかけてきた。
彼は気品のカケラもない所作でソファに腰を下ろすと
眉間にしわを寄せてじろりとこの僕を睨み上げる。
ああなんと野蛮、なんと美しくないしぐさだろう。
彼をこのような人間に生まれつかせた神の采配が呪わしい。

「休憩室にでかい鏡なんぞ持ちこみやがって……」
苦々しげに、まるで独り言のような呟きを漏らす。
まったく、この僕と会話をしたいのならばもっと素直な言葉で話しかければいいものを。
とは言え僕はこの美しい外見にみあった広い心の持ち主なので
彼の心情を汲んで言葉を返してやることにしよう。
僕は、彼が美しくないからといって邪険に扱うような狭量な輩ではないのだ。
「休憩室とはくつろぐためのスペースだろう?
君の顔なんか見てても全く心安らがないからねえ。
加えて調度品もあまりに貧相で、心まで貧しくなってしまいそうだよ。
この部屋の中で美しい存在はたった1つ、この僕だけだというのに、自分で自分の顔は見られない。
君の目に美しさを提供してあげているこの僕が、美しくないものばかりを見て
休憩時間を無為に過ごすなんて、許されることではないと思わないかい?
鏡は必需品として認めるべきだよ」

「……もういい。貴様の話を聞いていると頭が痛い」
彼は額を抑えると、あろうことかこの僕の顔から床へと視線を落とし
僕の声を振り払うように頭を振る。
この僕が鏡を見るのをやめて、わざわざ彼の方を
振り返って会話してやっているというのに、だ。
「何という言いぐさだい?
この僕が、君の無粋な脳みそでも理解できるように
分かりやすく噛み砕いて説明してやったというのに……
というか僕の玉声を聞いて頭が痛いとは何事だ!」

俺は後悔していた。
こんな変人にわざわざ文句なんかつけるんじゃなかった。
まともに話を聞けば聞くほど頭痛がひどくなる心地がする。
「分かった……俺が悪かった。鏡のことはもう何も言わん」
だから大人しく鏡と見つめあっていてくれ、と胸のうちでつぶやいた。
しかし奴はなぜか鏡から離れ、俺の向かいに腰掛ける。
それから、珍しく殊勝な表情を作って口を開いた。
「分かっているよ、僕にもっと働いてほしいと思ってるんだろう?」
出鼻をくじかれ、口に出すことさえ諦めた俺の本心をずばりと言い当てる。
分かっているなら働け。
「けれど高貴な生まれであるこの僕は、君のような
下賤の者と肩を並べて働くのには向いていない」
「……」
「君が幼いころから長い時間をかけて身につけてきた能力にしたって、
僕は習得する機会も必要もなかったからね。
そういった素養のない僕が今さらながらに努力しても、能力の向上など微々たるものだ」
膝の上で手を組んて、悪びれた風もなく言い放つ。
「だから、この僕の唯一にして何物にも代えがたい長所である美しさに磨きをかけることで
君に至上の眼福を味わわせてあげようと思い、鏡の前で身だしなみの確認にいそしんでいるわけだ。
毎日僕の分までノルマをこなしてくれている君への感謝の証と受け取ってくれたまえ」
唯一の長所って自分で言いやがったこいつ、などと思いながら、
俺は長々と喋りつづける目の前の相手を何となく眺める。
休みなく言葉を紡ぎながら、落ちつかなげに指を組み換えるしぐさが妙に目についた。
そう言えば、以前はすべらかで傷一つなかったはずの奴の指先は
いつの間にかずいぶんと荒れていて、血のにじんだ切り傷が目立つ。

俺は奴の顔を見る。
その表情は、いつもの通り自分に酔いしれているようにしか見えなかった。
だから俺も、いつもの通り顔をしかめて無愛想に言葉を返すことを選んだ。
「……確認というか、心底自分に見とれているように見えたんだが」
「確認の過程でそういった事態が発生するのは仕方のないことだ。
何しろこの僕の美しさは――」
「それは分かったからいちいち説明するな」
「……分かった、とは?」
言葉を遮られていささか不満そうにこちらを睨んでくるが、
今日はすでに何度も長台詞を聞かされていい加減にうんざりしている。
だから俺は大した考えもなく軽口を返した。

「貴様のとりえは顔だけだということだろう」
そう言った途端、奴の顔色が変わった。しまった、と俺は思う。
本人が自分で口にしたこととは言え、他人が踏み込んではいけない領分というものがある。
俺はそれを侵した。
軽率だった。一度口にしてしまった言葉を取り消すことなど、誰にもできはしないのに。
奴は怒りに唇を震わせ、言葉をほとばしらせた。

「顔だけとは何だい!? この僕の体は爪の先、髪の一筋に至るまで全てが美の極み!
全身のバランスだって申し分ない! 神が生み出した奇跡とも言うべき存在だよ!?
断じて顔だけなどでは――!」
ああ、こいつの話を聞いていると本当に頭が痛い。