※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「一生あなただけを愛しています」

どうしてこんなことになってしまったんだろう。
「ハムレット様……」
ぐったりと横たわったこの人の体は、徐々に熱を失っていく。
心優しく、使命のために生きたこの人を、どうして助けることが出来なかったんだろう。
いつのまにか頬を涙が伝っていた。
なぜ、どうして。
この人の最後の言葉は、私の心を締め付ける。
――このハムレットの物語を……
私は、あなた無しでは生きていけない。
だが、生きねばならぬ。
「安らかにお眠りください……」
静かに、しばし平和の時を楽しんで。
そうして私があなたのもとに行くのを待っていてください。
私はあなたのために、生きます。

「私は一生、あなただけを愛しています」