※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

終わりなき不毛の地

 枯れた草色の肌をした男が、日除け布の下から俺を振り返った。
 轟。
 延々と続く不毛の大地を、乾いた風が吹き抜ける。
「──本当に、良かったのか」
 舞い上がる砂埃を吸わないよう、鼻上まで布を引き上げた俺に、微かな低音が届いた。
 この大地を吹き抜ける風のような囁き。
 眼に強い陽光を背に、佇む男の表情は見え難い。
 双眸を薄め、俺はハン、と息を零した。
 轟。
「世界の果てを見せてくれるのだろう」
 風が吹き抜ける。
「──お前はそう、俺に言った」
 日除けの布がはためく。
 俺は、少し痩せて、しかし意志を宿した侭の片腕を差し出した。
 あの旅立ちの日。眼前の男が俺に対してそうしたように。
『俺と共に来い。お前に、世界の果てを見せてやろう』
 俺は、だから。お前と共に来た。
 轟。
「──世界の果ては、まだ遠いぞ」
「分かっている」
 たとえそこが、果てなき不毛の大地であろうとも。
 枯草色の腕が、確りと、俺の掌に重なった。