※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

相容れない敵同士が一時的に手を組む

窓のない小部屋に、男が二人座り込んでいる。一種異様な光景である。
部屋と呼ぶのも憚られる殺風景な空間には調度品の一つもなく、
重厚な金属製の扉は頑なに閉ざされている。静かな午後だった。
その静けさに抗うように、男の片割れが絶え間なく喋り続けている。
「よく喋る男だ。すこし口を閉じていろ」
それまで無視を決め込んでいたもう片方の男が、とうとう耐えかねて声を上げた。
やけに剣呑な目つきをしたこの中年男、正体は私服警官である。
元より愛想の良いタイプではないが、ここまで不機嫌なのには理由がある。
一つには、敵意ある組織に監禁されているというこの状況。
もう一つには、武器を没収された上に怪我を負い、これという打開策も浮かばない己の状態。
そして何より神経を逆撫でるのは、同室に閉じ込められているのが名うての詐欺師という事実である。
「そうは言われても、多弁は私の取り柄なのだよ。それにね君、私には話術しか持ち合わせがない」
話を遮られた詐欺師の男は、特に堪えたふうでもなく、軽妙な調子で応じて肩を竦めた。
「暗器の一つや二つ隠し持ってないのか」
「ないと言ったらない、徒手空手だ。身ぐるみ剥がれたのは君も同じだろう」
「こんなときに……使えない奴だ。犯罪者のくせに」
「どんなときだろうが私は元々武器など持たない。そう決めているからね」
「なぜ」
「だって、格好悪いじゃないか。私ほどの詐欺師が武器に頼って身を守るだなんて」
男は詐欺師であることを悪びれないどころか、誇らしげに胸を張ってそう言い放った。
刑事は盛大に舌打ちをし、眉間の皺を深くする。
「犯罪者に格好もクソもあるか」
「分かってないな」
男は立ち上がり、演説家のように芝居がかった仕草で両手を広げた。
「所詮、三寸の舌先があれば事足りる世界だ。しかし美学がなくては不完全だ」
「そうかそうか。ならお前はここでその美学とやらと心中しろ」
熱弁は刑事の胸に響かなかったようだ。
男は興を削がれたような顔で壁に寄りかかった。
「他人事のように言うね。気づいていなかったのなら教えてあげよう。
 今私と心中しかけているのは他でもない、君だ。この窮地を一人で乗り切れると思うか」
「犯罪者と手を組むくらいなら―――」
「座して死を待つ方がまし?潔いね。何とも安っぽい生き様だ」
刑事の刺すような視線を受けて、男はなおも言葉を紡ぐ。
「体面にこだわって生き急ぐ輩は所詮二流だ。
 死んで成し遂げられることなんてたかが知れているし、
 そのささやかな成果を自分の目で見届けることもない。まさに犬死にだな」
刑事は立ち上がり、無言で男の襟首に手を掛けた。
男は掴み上げられたまま、双眸を細めて冷ややかに刑事を見つめ返した。
「違う、と否定すればいい。ここで死んでも悔いはないと、神かけて誓えるものなら」
一瞬の逡巡の後、刑事は苦々しげに手を離した。
固い床に勢いよく放り出された男は、後頭部をさすりながら上体を起こした。
「ひどいなぁ、あまり乱暴にしないでくれないか。荒っぽいのは好きじゃないんだ。
 君みたいな狂犬に本気で噛み付かれたら、ひとたまりもない」
「……それで。何か手立てはあるのか」
「脱出の? まあ、無いこともない」
気のない返事をして、男は服の乱れをおざなりに整える。
「とりあえず私が見張りを適当に丸め込んで”仲良し”になる。
 こちらの意図を悟らせぬよう、必要なものを数点都合させる。
 それらを使ってここを出る。あとはただひたすらに逃げる。
 すんなり抜け出せればよし、荒事になったら君の出番。以上だ」
「えらく大雑把なプランだな」
「冗長性があると言ってくれ。下手に作り込まない方が融通は利くものだ」
「……まあいいだろう、精々働いてもらうぞ。だが恩には着ない。
 用が済んだらきっちり捕まえて刑務所へブチ込んでやる」
「自信満々だね、実に結構。お手並み拝見といこうか」
男の言葉を無視して、刑事はごろりと床に寝そべった。
「お、おい……」
「寝る。30分は起こすな」
その言に違わず、刑事は間もなく眠りに落ちた。
男は困惑しつつ刑事の顔に手をかざしてみたが、熟睡しているのか目を覚ます気配はない。
「呆れた……シンプルな男だな、君は。かえって扱いに困ってしまうよ」
先ほどまで敵視していた相手を、暫定的に味方と認識したのだろうか。
普通、人間とはそれほど簡単に割り切れるものではない。
「私のことなど何一つ信じていないくせに、それでも受け入れるのか」
男は心なし切なげに笑って、視線を落とした。
獣の合理性をそなえた手負いの刑事は、来るべき時に向けて力を蓄えている。
寝顔からは独特の険が抜けて、いくらか若くみえた。
「……お休み、刑事さん」
ぬるんだ部屋に、どこからともなく湿り気を帯びた夜気が混じりはじめる。
男は膝の上で両手を組み、祈るように瞑目した。長い夜が始まる。