※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グーチョキパーの三角関係

「あんたは彼に抱きしめられるばっかり。あたしなんか、いっつも彼を傷つけるだけで、嫌われていくだけよ。
あんたみたいに、一度でいいからあの手に包まれてみたいわあ」
すらりとした長く美しい二本の指はたばこを挟んで遊んでいた。
「ねえ、彼はどんな風にあんたを包むの?やっぱりふんわり優しい感じ?
はあ・・・、いいわよねえ、優しい男。はたから見てても、あんたのこと好きなんだなあってわかるものね。
あー、想像だけでどきどきしちゃう」
普段はつんと澄まして偉そうにしているくせに、俺の前ではいやに饒舌になる。
あいつの前では、なよなよしたこんな女言葉では絶対に話さない。
まっすぐに、ぎらりと鋏のような鋭い目で威嚇して、有無を言わせず、あいつをこてんぱんに打ち負かしている。
「あたしみたいに切り刻むんじゃなくて、包み込める彼は私の憧れなのよねえ」
「あんな、なよなよしたやつの、どこがいいんだよ」
「まっ、あんた贅沢ね!もっと彼に抱きしめてもらえることの贅沢さを喜びなさいよ」
「男は力強くてなんぼだろ」
それも悪くないけどねえ、と寂しそうに呟く。
「やっぱり優しく抱きしめてもらえるって、いいことだと思うのよ。ま、あたしは経験ないけど。
いっつも頑固なあんたに降参するだけだからさあ」
そういってけたけた笑った。お前に勝つにはこうするしか方法がないじゃないか。出かけた言葉をぐっと我慢する。
握った手のひらに爪が食い込む。
力強い俺が好きなあいつと、優しいあいつが好きなこいつ、上手く甘える術を知らないこいつが好きな俺。
いつかこの一方通行の関係が変わればいいのにと思うけれど、それは今までも、そしてこれからも絶対に叶わない願いなのだ。