※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

落武者ふたり

東へと落ち延びるうちに、とうとう二騎となった。
疲労も頂点を通り過ぎ、虚ろであった。愛馬の足取りも鈍い。

長らく黙していた馬上の主は、不意に切出した。
「義忠、もう好い。ここまでよく尽くしてくれた。儂の首を持って、敵陣へ参じるがよかろう。」
「利長様。」
咎めるような腹心の声色を無視して、尚も言い加える。
「よいではないか。最早主家も滅んだのだ。今更義理もあるまい。」
口ぶりに籠められた自棄のような明るさが、何とも痛々しい。
「冥府までお供致します。元々、利長様に拾われた命です。」
主の横を徒歩で付き従いながら、義忠は自らの人生を振り返った。
「利長様の口利きが無ければ、私は謀反者の子として、父共々七年の生を終えていた事でしょう。
それが、妻を娶り子を成して、人並みの暮らしを営む事ができました。志乃は、私には過ぎた妻でした。」
複雑な顔をして利長は押し黙った。沈黙の意味を推し量るうちに、利長は重い口を開いた。
「義忠…今だから申すのだが、儂はそなたの縁談、一度は反故にしようとしたのだ。内密にな。」
「……。」
「そなたと添い遂げるであろう女子が、嫉ましかったのだ。人の道に悖ると、猪瀬に叱られたぞ。
然るべき女子と契り子を設けるは、男としてこの上無い幸せ。義忠の命を譲り受けた以上、
義忠に幸せな生涯を全うさせるのは儂の責務じゃと申してな。」
戦場に散っていった老臣を思い浮かべ、利長は寂しげに笑った。
「…存じておりました。」
常と変わらぬ穏やかさで義忠は応じた。意表を突かれ、利長は鋭く振り向いた。
「猪瀬殿は、私にこうも仰ったのです。利長様はそなたに懸想なさるあまり、政務も手に付かぬ有様。
そなたの気持ちは重々存じておるが、利長様の御為を思えばこそ、志乃殿と祝言を挙げ、引導を渡して差上げるべきではないかと。」
「はは…引導とはの、あの狸爺め。確かに堪えたな。…情けない事に、涙が出た。」
義忠は驚きを押し隠そうとしてかなわずに、極り悪く俯いた。
そうして長いこと、泥と乾いた血に塗れた己の足下を見詰ていたが、やがて独り言のように言った。
「永らく、お慕い申し上げておりました。例え実を結ばずとも、その事に変わりはありませぬ。」
「……そうか。」
それ以上は言葉にならなかった。主従それぞれに思い乱れながら、黙々と山道を進み続けた。


不意に義忠は歩みを止めた。訝しげに、利長はそれに倣った。
がさ、と枯葉を踏み分ける音と共に、立ち木の間から人影が、三つ四つと姿を現し始めていた。
「残党狩りか。」
義忠は物も言わずに、主の乗る馬の向きを変えた。
「何をする!義忠!!」
「お許しを。これが最後の奉公に御座いますれば。」
狙いを付け、鞘で強く馬腹を叩いた。馬は嘶き、前脚で宙を掻くと、翼が生えたように走り出した。
「義忠!!」
名を呼ぶ主の声は長く尾を引いて、じきに聞こえなくなった。
「賽の河原にて、お待ち申し上げております。いずれ、ゆるりと御出なさいませ。」
五つに増えた人影と向き合い、義忠はここを墓場と決めた。最早、思い残す事も無かった。