※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「先生、寝ちゃったんですか?」

 最後の問題をやり終え、僕は後ろで待っている家庭教師の方を向く。
 そこに見えたのは、いつものしかめっ面ではない。
 腕と足を組んだまま、顔を横に倒して、目は閉じていて、でも口は僅かに開いている。
「先生、寝ちゃったんですか?」
 近づいてみると、寝息が聞こえてきた。先生は確実に寝ている。
「あの、課題終わったんですけど……」
 眠りの世界からの反応はない。
 ふと時計を見ると、課題を言い渡されてから1時間近く経過していることに気付いた。
「さすがの先生でも、待ちくたびれちゃうよなあ」
 そのかすかな呟きにも、反応する様子はない。
 とりあえず先生を起こそうと思い、肩に手をかけた。
「ん……」
 口から漏れたその声に、僕は肩を揺すろうとした手を止める。
「んん……っ」
 僕は先生の顔を見た。眉間にしわもなく、緩みきっていて、どこか無防備だ。
 その寝顔は――意外にかわいい。
 口許からよだれが垂れているなんて、普段の先生とは結びつきもしない。
 軽く、親指でよだれを拭った。
「あ……」
 カラダが一瞬固まった。そして、その声に誘われるかのように先生の唇にも触れる。
 思ったよりも、柔らかい。
 このまま起こしたら、またいつものしかめっ面に戻るのだろうか。
 起こさないと勉強の続きは見てもらえないわけだが、もうちょっとこんな先生も見ていたい。
 少しでも、このかわいい先生を見ていたい。
 起こしたら起こしたで、どうせ怒られるのだ。だったら――。

 ちょっとだけ開いた唇に、自分のそれを軽く触れ合わせた。
 不安になって先生の顔を見たが、特に気付いた様子はない。
 眉間にしわが寄っているようにも見えるが、きっと気のせいだ。