※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背中合わせ

先輩の額には、去年に他校の奴らとやりあった時のナイフの傷痕。
前歯は上と下が一本ずつが差し歯で。
学ランで見えない服の下も、傷痕や、打撃を受けて変色した痣、生傷だらけ。
「先輩…痛くないスか?」
「ん?いてーよそりゃ。」
「喧嘩するななんて俺が言えたクチじゃねーっスけど…ナイフやバット持った奴相手の素手ゴロはやめねっスか?」
今も左腕はギプスで固めて肩から吊られてる。黒い学ランに浮き上がる白が痛々しい。
先輩は相手がバットを持っていようが、ナイフを持っていようが素手で立ち向かう。
相手が一人でも複数でもそれは変わらない…先輩のポリシー。
「あん?やめねーよ。
お前いんじゃん。下手な武器よりお前がいい、俺。」
俺の頬っぺたには先輩と同じナイフの傷跡。毛で隠れた頭には鉄パイプで殴られた跡。学ランの下もやっぱり傷だらけ。

喧嘩の傷痕だらけの俺たちだけど、背中だけはきれいだ。

敵に背中は向けない。
俺の背中は先輩に預けて、先輩から預かった背中を守るから。

「…腕くっつくまでは控えて下さいね…
俺が、守りますから…」