※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

また忘れたの?信じらんない

メール・ボックスは忘れられない彼と交した、忘れられた約束の詰まった保管庫。
消去も出来ずに保存してあるだなんて、執念深い自分が嫌になる。
忙しいなら約束なんてしなきゃいいのに、僕の我儘に付き合って無理して交した約束は、いつも仕事に忘殺された。

「また忘れたの?信じらんない。」
あの日、いつもの決まり文句を投げ吐けて、僕は最後に付け足した。
「もう、ダメなのかな?僕たち。」
すると、彼は寂しそうに笑って
「…仕方ないね。」
と、呟いた。

それが最後。
もう約束を交すこともなく、暫くして彼は、あんなに忙しかった仕事すら放り出して、何処かへ消えた。



彼が姿を消してから2年後、彼の主治医に見せられた彼のトランク。
それは、忘れられた筈の僕との約束と、僕との出合いからあらゆる思い出の詰まった備忘録の山だった。

「会ってやって下さい。彼はもう、あなたのこと以外は何も覚えていません。」
主治医が言った。


忘れられた筈の約束。それは嘘だった。忘れたというのは嘘だった。
彼は、何もかも覚えていて、業と忘れた振りをしていただけだった。

僕を遠ざけるために。
(そうやって、カッコばっかつけて、独りで死んでいこうだなんて、いかにもアンタらしいやり方だったかもしれないけれど。
馬鹿だよ。信じらんないよ。)

忘れたくない思い出を全て書き残したノートには、僕すら忘れていた些細な思い出すら記されていて、僕は読みながらボロボロ泣いた。


もう、今は彼はそうした事も殆んど忘れてしまって。
僕以外は誰の顔も忘れてしまって、子供のようにねだる。
「ねえ、あれ読んで。」
その度に、僕は彼の記した長い長い備忘録を声に出して読む。
彼はそれを聞いて幸福そうに微笑み、忘れちゃったと泣き、僕の腕の中で眠りにつく。


だんだん進行して行く病状。


「また忘れたの?」
「ごめん。」
と、子供のような口調で呟く彼に
「いいよ。もう、とっくに慣れてるから。」僕はそう言って、彼の頭を胸に抱く。
「ごめん。」
僕に髪を撫でられながら彼は何度も呟く。